Articles by: 佐々木 延江佐々木 延江
NPO法人パラフォト代表 フォトジャーナリスト

パラスポーツ体験は地元で行われているパラスポーツを体験した

パラリンピックムーブメントに新たな風!旭川で「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会

パラリンピックムーブメントに新たな動きがあった。8月1日(火)・2日(水)旭川市(北海道)で、IPC(国際パラリンピック委員会)公認パラリンピック教育教材「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会が開催された。市民によるパラリンピック教育のワークショップが行われるのははじめて。 パラリンピック教育とは? IPCに […]

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

7月5日、アジア地域のパラスポーツ最高峰の国際大会を担う、アジアパラリンピック委員会(APC/マジット・ラシェッド会長・本部:アブダビ)の定時理事会が京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催された。2日間にわたる会議の1日目の終了後、水野正幸APC副会長(=日本障がい者スポーツ協会副会長)および麻生学APC理事・大会調整 […]

WOWOWのチーフ・プロデューサー太田慎也さんの授業風景

「障害のある人との接し方を知らない、自分の方にこそ障害」WOWOW太田さん

パラリンピックを契機とした「共生社会をどう作るか」をテーマに、スポーツや障害者への理解と関わりを深める授業が、6月23日(金)立教大学で行われた。 講師を務めたのは、株式会社WOWOWでパラリンピック・ドキュメンタリーを制作する太田慎也さん。授業は東京パラリンピックでホスト役となる東京都の応援プロジェクト「チーム・ビヨ […]

車いすマラソンの土田和歌子が、横浜市長を訪問!

車いすマラソンの土田和歌子が、横浜市長を訪問!

土田和歌子(八千代工業)は、43歳。アイアススレッジスピードスケートの選手として、リレハンメルパラリンピック(1994)からパラリンピックに出場、長野パラリンピック(1998)アイススレッジスピードスケート1000m、1500mで金メダル。車椅子陸上に転向して、シドニーパラリンピック(2000)に出場。アテネパラリンピ […]

女子の選手が加わった、IPC水泳世界選手権日本代表。走行会のあとに撮影

横浜からメキシコへ、知的女子が加わったパラスイム日本代表! 〜第20回知的障害者選手権・水泳競技大会(2)〜

横浜から世界へ。知的女子が加わったパラ日本代表チーム! 〜第20回日本知的障害者選手権・水泳大会〜(2) パラリンピック水泳日本代表チームの一翼をになう「知的障害クラス」の水泳。その本拠地・横浜国際プール(横浜市都筑区)で、今年20回目を迎える「日本知的障害者選手権・水泳大会」が開催された。 6月11日に行われ、リオパ […]

リオ銅メダルの津川拓也が世界記録更新! 〜第20回知的障害者選手権・水泳競技大会(1)〜

リオ銅メダルの津川拓也が世界記録更新! 〜第20回知的障害者選手権・水泳競技大会(1)〜

6月11日、第20回日本知的障害者選手権・水泳選手権大会(横浜国際プール/横浜市都筑区)で、リオパラリンピック銅メダリスト津川拓也(ANAウィングフェローズ・ヴイ王子)が、400メートル個人メドレーを5分00秒35で泳ぎ、世界新記録相当をマークした。 津川は、2009年アジアユースパラゲームズではじめて国際大会に出場。 […]