Articles by: 丸山 裕理丸山 裕理

国枝「宿題もらった」。テニス全米オープン車いすの部で準優勝。

国枝「宿題もらった」。テニス全米オープン車いすの部で準優勝。

50回目の開催となったテニス全米オープン(ニューヨーク)は9月9日最終日を迎え、車いすの部男女シングルス決勝戦が行われた。日本勢は国枝慎吾(ユニクロ)、上地結衣(エイベックス)がそれぞれ決勝に進んだが、優勝には届かなかった。 男子シングルスの決勝で国枝は、アルフィー・ヒューイット(イギリス)と対戦。序盤は互いにポイント […]

車いすバスケットボールの街へ。3つの地域が連携し、国際大会迎える

車いすバスケットボールの街へ。3つの地域が連携し、国際大会迎える

東京2020パラリンピック競技大会が2年後に迫るなか、パラスポーツへの関心や観戦人口の拡大は重要な課題となっている。東京パラリンピックで車いすバスケットボールの競技会場となる調布市では、競技を地域に浸透させようと様々な取り組みが行われている。 6月8日~10日に調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される国際試合 […]

池崎大輔(3.0) (写真・水口之孝)

ウィニング・カルチャーをつなぐ。ジャパンパラウィルチェアーラグビー決勝戦で日本3年ぶり優勝!

4日間に渡り熱戦が繰り広げられたジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会。5月27日、千葉ポートアリーナで日本対イギリスの決勝戦が行われ、53ー46で日本が勝利し総合優勝を飾った。6月に行われるカナダカップ、そして8月の世界選手権に向け「ウィニング・カルチャー」をつなぐ重要な一戦を制した。 今大会は欧州トップ3のイギ […]

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

「また乗りたいね!」生徒たちが口々にそう語った。5月16日、千葉市立天戸中学校でウィルチェアーラグビーの体験会「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」が行われ、子供たちが選手との交流を通じ、ウィルチェアーラグビーの魅力を体感した。 日本障がい者スポーツ協会が主催する「ジャパンパラ応援プロジェク […]

足元でなく、星を見よ。ホーキング博士の想いを胸に。平昌パラリンピックが閉幕

足元でなく、星を見よ。ホーキング博士の想いを胸に。平昌パラリンピックが閉幕

彼も星空の下、見守っていたに違いない。10日間に渡って開催された平昌冬季パラリンピックのフィナーレを飾る閉会式。天才科学者、スティーブン・ホーキング博士が競技期間中の3月14日に亡くなり、平昌オリンピックスタジアムは哀悼と感動の空気に包まれた。 平昌パラリンピックは、韓国にとって1988年のソウル大会以来30年ぶりに開 […]

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

王者同士の戦いに会場が揺れた。3月18日・競技9日目、平昌パラリンピックアイスポッケーのカナダ対アメリカの決勝戦が行われ、アメリカが3大会連続で金メダルを獲得。延長戦へともつれ込む大接戦の中、王者のプライドを見せつけた。 試合は開始序盤から激しい攻防を繰り広げる。攻守の切り替えが早く、どちらも譲らない展開が続くなか、1 […]