Articles by: 丸山 裕理丸山 裕理

エミー賞:パラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」入選。大賞逃すも大きな手応え!

エミー賞:パラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」入選。大賞逃すも大きな手応え!

11月19日、米ニューヨーク・ヒルトンホテルで第46回国際エミー賞授賞式が行われ、各国から番組関係者やメディアなど約1000人が集まった。日本のWOWOW制作「WHO I AM」がドキュメンタリー部門にノミネートされ、今回惜しくも最優秀賞には選ばれなかったが、パラリンピック・ドキュメンタリー制作への取り組みの成果が国際 […]

坂道に耐える体力と戦略が、優勝への鍵。ニューヨークマラソン車いすの部で急成長する鈴木朋樹が6位。

坂道に耐える体力と戦略が、優勝への鍵。ニューヨークマラソン車いすの部で急成長する鈴木朋樹が6位。

11月4日に開催された米ニューヨークシティマラソンで、鈴木朋樹(トヨタ自動車)が男子車いすマラソンの部で6位の順位をつけた。若手ホープとして頭角を表す鈴木。ただ、今年のニューヨークマラソンは、悔しい6位になった。 「ニューヨークは上り坂が多いコース。どうにかして先頭集団にいたいと思ったが、若手で一番早いダニエル・ロマン […]

男子車いすでアメリカ人初の優勝を飾ったダニエル・ロマンチューク (写真:The TCS New York City Marathon official website “Media Center Photo Library)

ニューヨークマラソン、20歳の米選手が史上最年少で初優勝

11月4日、米ニューヨーク市内で第48回ニューヨークシティマラソンが開催され、車いすの部でアメリカ・20歳のダニエル・ロマンチュークが史上最年少での優勝を飾った。 世界規模の大会、ワールド・マラソン・メジャーズのひとつであるニューヨークシティマラソン。今年は約200万人が沿道に駆けつけ、アスリート、市民ランナーら5万人 […]

国枝「宿題もらった」。テニス全米オープン車いすの部で準優勝。

国枝「宿題もらった」。テニス全米オープン車いすの部で準優勝。

50回目の開催となったテニス全米オープン(ニューヨーク)は9月9日最終日を迎え、車いすの部男女シングルス決勝戦が行われた。日本勢は国枝慎吾(ユニクロ)、上地結衣(エイベックス)がそれぞれ決勝に進んだが、優勝には届かなかった。 男子シングルスの決勝で国枝は、アルフィー・ヒューイット(イギリス)と対戦。序盤は互いにポイント […]

車いすバスケットボールの街へ。3つの地域が連携し、国際大会迎える

車いすバスケットボールの街へ。3つの地域が連携し、国際大会迎える

東京2020パラリンピック競技大会が2年後に迫るなか、パラスポーツへの関心や観戦人口の拡大は重要な課題となっている。東京パラリンピックで車いすバスケットボールの競技会場となる調布市では、競技を地域に浸透させようと様々な取り組みが行われている。 6月8日~10日に調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される国際試合 […]

池崎大輔(3.0) (写真・水口之孝)

ウィニング・カルチャーをつなぐ。ジャパンパラウィルチェアーラグビー決勝戦で日本3年ぶり優勝!

4日間に渡り熱戦が繰り広げられたジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会。5月27日、千葉ポートアリーナで日本対イギリスの決勝戦が行われ、53ー46で日本が勝利し総合優勝を飾った。6月に行われるカナダカップ、そして8月の世界選手権に向け「ウィニング・カルチャー」をつなぐ重要な一戦を制した。 今大会は欧州トップ3のイギ […]