坂道に耐える体力と戦略が、優勝への鍵。ニューヨークマラソン車いすの部で急成長する鈴木朋樹が6位。

坂道に耐える体力と戦略が、優勝への鍵。ニューヨークマラソン車いすの部で急成長する鈴木朋樹が6位。

11月4日に開催された米ニューヨークシティマラソンで、鈴木朋樹(トヨタ自動車)が男子車いすマラソンの部で6位の順位をつけた。若手ホープとして頭角を表す鈴木。ただ、今年のニューヨークマラソンは、悔しい6位になった。 「ニューヨークは上り坂が多いコース。どうにかして先頭集団にいたいと思ったが、若手で一番早いダニエル・ロマン […]

男子車いすでアメリカ人初の優勝を飾ったダニエル・ロマンチューク (写真:The TCS New York City Marathon official website “Media Center Photo Library)

ニューヨークマラソン、20歳の米選手が史上最年少で初優勝

11月4日、米ニューヨーク市内で第48回ニューヨークシティマラソンが開催され、車いすの部でアメリカ・20歳のダニエル・ロマンチュークが史上最年少での優勝を飾った。 世界規模の大会、ワールド・マラソン・メジャーズのひとつであるニューヨークシティマラソン。今年は約200万人が沿道に駆けつけ、アスリート、市民ランナーら5万人 […]

悔しさが残る渡辺選手

東京パラリンピックへの道が見えた~2018アジアパラ陸上・渡辺勝

2018アジアパラ競技大会・10月11日(木)。陸上競技1500m T54渡辺勝(26歳・凸版印刷)に競技後インタビュー。 渡辺は今回7位に終わったレースを以下のように振り返った。 レース全般:「今日は昨日の反省を生かすことができた。強気になることができ、今大会で今までで一番良い走りができた。後は、力が足りなかった」 […]

CAからパラリンピアンへチャレンジ。中山和美が横浜の小学校を訪問

CAからパラリンピアンへチャレンジ。中山和美が横浜の小学校を訪問

2016リオ・パラリンピックに出場した中山和美が11月21日、横浜市都筑区の横浜市立茅ケ崎小学校(宮崎美代子校長)を訪問した。横浜市市民局によるオリンピアン・パラリンピアン学校訪問事業の一環である。 中山は現在、車いす陸上女子(T53)で100M、200M、400M、800Mで日本記録を持っている。今年7月に開催された […]

車いすマラソンの土田和歌子が、横浜市長を訪問!

車いすマラソンの土田和歌子が、横浜市長を訪問!

土田和歌子(八千代工業)は、43歳。アイアススレッジスピードスケートの選手として、リレハンメルパラリンピック(1994)からパラリンピックに出場、長野パラリンピック(1998)アイススレッジスピードスケート1000m、1500mで金メダル。車椅子陸上に転向して、シドニーパラリンピック(2000)に出場。アテネパラリンピ […]

マラソン:車いすは男女でメダルを逃す

マラソン:車いすは男女でメダルを逃す

9月18日(現地時間)競技最終日、マラソン(車いす)が行われた。 男子では日本記録保持者の洞ノ上浩太(42歳・ヤフー)の他、副島正純(46歳・ソシオSOEJIMA)、山本浩之(50歳・Team Heart Space)、久保恒造(35歳・日立ソリューションズ)の4選手が出場した。 レースはスイスのマルセル・フグとオース […]