決勝のタイ戦で相手に与えたペナルティスローを止める宮食行次

「女子に負けじ」と強化進むジャパン男子に戴冠――2019ゴールボールジャパンメンズオープン

逆転優勝に自信。ディフェンスは引き続き課題に 1月13日(日)、14日(月・祝)にかけて、佐倉市民体育館にて『2019ゴールボールジャパンメンズオープン』が開催された。大会の主旨はゴールボール男子日本代表の強化にある。 オーストラリア代表、タイ代表、そしてカナダから『Vancouver Goalball Club』を招 […]

『Moon Luster』のエース、欠端瑛子

一人ひとりが「星の光」――ゴールボールクラブ『Moon Luster』の日本選手権

今シーズンの締めくくり 11月17日から18日にかけて、足立区総合スポーツセンターにて開催された『日本ゴールボール選手権』。7月、9月に実施された予選会を勝ち抜いたクラブチーム(男子6チーム/女子4チーム)による日本一を懸けた戦いである。 ゴールボールは、第二次世界大戦で視覚に障がいを受けた傷痍軍人のリハビリテーション […]

優勝しくす玉から降ってくる折り紙に喜ぶ選手たち

因縁のライバル・中国を撃破し日本女子ゴールボールが涙の金メダル〜アジアパラ競技大会〜

10月12日(金)14:30~16:00、BalaiKartiniにてゴールボール女子決勝が開催され、日本代表女子チームが金メダルを掛けて中国と対戦した。 フォーメーションは、ライトに小宮正江(9番・アソウ・ヒューマニーセンター)、センターに浦田理恵(2番・アソウ・ヒューマニーセンター)、ライトに若杉遥(2番・ALSO […]

(No.5山口凌河選手・NO.9川嶋悠太選手)

ゴールボール男子予選突破〜2018アジアパラ・ゴールボール

10月10日(水)10時にBALAI KARTINIにてゴールボール男子は、準決勝進出をかけカタールと対戦した。 前半は、山口凌河が4得点、安藤勇二の1得点があり、4-2で折り返す。 観客席には一試合目を終えた女子日本代表も駆けつけた。観客席からは日本コールが沸き起こり、女子日本代表と観客が一体となり、その声援は男子日 […]

辻内。8月のパンパシフィックパラ水泳では100m背泳ぎと50m自由形でも日本新記録を出している

22歳、2つの涙~水泳・辻内彩野&森下友紀

9月22日から24日にかけて、横浜国際プールで行われた「2018ジャパンパラ水泳競技大会」。 大会新記録261・日本新記録40・アジア新記録6が生まれ、多くの日本人選手もアジアパラ大会を前に手ごたえをつかんだようだ。 そんな中、涙を見せた2人の選手がいる。 視覚障害の辻内彩野(スポーツクラブOSSO南砂)と、上肢障害の […]

町田市立総合体育館

パラバドミントン国際大会2018開幕!

14カ国から104名の選手が出場し、ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018が9月26日、スタートした。主催は日本障がい者バドミントン連盟。 バドミントンは2020東京で初めて正式種目となる。10月6日からジャカルタ(インドネシア)でアジパラ競技大会が始まる直前であるため、アジア選手の出場は少な […]