ドバイで見たマルチメダリスト。パラ陸上の醍醐味を体現するパフォーマー。パラ陸上閉幕(2)

ドバイで見たマルチメダリスト。パラ陸上の醍醐味を体現するパフォーマー。パラ陸上閉幕(2)

ドバイ(アラブ首長国連邦)でのパラ陸上世界選手権は120カ国から1500名の選手が参加し11月15日まで9日間開催され幕を閉じた。 出場した国々のメダルランキングのトップ3は、1位・中国、2位・ブラジル、3位・イギリスと […]

11月15日、ドバイ2019パラ陸上世界選手権最終日に開催されたメディアレースの入賞者に次回開催地神戸のお土産がプレゼントされた 写真・IPC Ahletic Official Photo

次は東京2020、その次は神戸2021であいましょう。世界パラ陸上閉幕(1)

ドバイ(アラブ首長国連邦)でのパラ陸上世界選手権は120カ国から1500名の選手が参加し、11月15日まで9日間開催され幕を閉じた。つぎの大会は、2021年9月に神戸市で開催されることが決まっている。日本でのパラ陸上世界 […]

先天性の下肢障害で16歳のとき自ら切断を決意したフロア。「両足義足で走れることは私の誇り。16歳の私に教えてあげたいです」と語った。 写真・安藤理智

両足義足の世界最速スプリンターが誕生!ドバイ2019パラ陸上世界選手権

24歳のブレードランナーが新たな歴史を刻んだ。「ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会」5日目の11月11日(月)、男子100mT64の決勝が行われ、両足義足のヨハネス・フロア(FLOORS Johannes/T62・ […]

車いすレーサーたちの熾烈な位置どり合戦。1500m決勝は総合力。ドバイ2019パラ陸上世界選手権

車いすレーサーたちの熾烈な位置どり合戦。1500m決勝は総合力。ドバイ2019パラ陸上世界選手権

スピード、駆け引き、持久力。車いす1500mレースはなんと総合力が問われる種目だろう。「ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会」5日目の11月11日(月)、男子1500mT54(車いす)の決勝が行われ、タイのプラワット […]

男子100mT34の決勝に臨む開催国・アラブ首長国連邦のモハメド・アルハマディ(ALHAMMADI Mohamed/T34) 写真・パラスポ/小川和行

「ドバイのヒーロー」がWメダル獲得!「母国開催、幸せ」ドバイ2019パラ陸上世界選手権

「ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会」4日目の11月10日(日)、車いす男子100mT34の決勝が行われ、開催国・アラブ首長国連邦(UAE)のモハメド・アルハマディ(ALHAMMADI Mohamed/T34)が銅 […]

女子走り幅跳び T11、高田千明の跳躍 写真・吉田直人

髙田千明が東京パラ内定!「メダル、手が届く範囲にある」

ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会は3日目の11月9日(土)、女子走り幅跳びT11決勝に髙田千明が出場。自己ベストを更新する4m69で4位に入賞し、東京パラリンピック内定を決めた。 自己ベスト更新でパラ内定 「子供 […]