理想の運営ができなければ、別の手段を考える。車椅子のフォトグラファーとの取材で感じたこと

理想の運営ができなければ、別の手段を考える。車椅子のフォトグラファーとの取材で感じたこと

韓国の各地から寄せ集められた大型バス内は個性的で華やかなカーテンに電飾。大画面テレビにはドライバーの好みの番組が。朝はニュース、土曜の夕方には歌謡曲ショーが流れ、日本の氷川きよしを思わせる“演歌スター”が自慢の歌声を披露していることもあった。コリアンな雰囲気に包まれるなか、乗客たちは目的のベニューへ向かい無言で座ってい […]

最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

獲得メダル10個(金メダル3、銀メダル4、銅メダル3)を始め、入賞数(4位〜8位)も計13と、日本選手団はソチ大会を上回る大きな実績を残した平昌パラリンピックが閉幕。一夜明けた3月19日、日本代表の解団式が行われた。 大回転での金メダルを筆頭に出場5種目すべてでメダルを獲得したアルペンスキー・女子座位の村岡桃佳(早稲田 […]

足元でなく、星を見よ。ホーキング博士の想いを胸に。平昌パラリンピックが閉幕

足元でなく、星を見よ。ホーキング博士の想いを胸に。平昌パラリンピックが閉幕

彼も星空の下、見守っていたに違いない。10日間に渡って開催された平昌冬季パラリンピックのフィナーレを飾る閉会式。天才科学者、スティーブン・ホーキング博士が競技期間中の3月14日に亡くなり、平昌オリンピックスタジアムは哀悼と感動の空気に包まれた。 平昌パラリンピックは、韓国にとって1988年のソウル大会以来30年ぶりに開 […]

ありがとう、平昌!

ありがとう、平昌!

3月18日・平昌パラリンピックのすべての競技が終了し、20時より、平昌オリンピックスタジアムで小雨の降るなかでの閉会式が開催された。 (写真・中村"Manto"真人)

韓国と日本で”人の輪”をつくる――あるボランティアスタッフの平昌2018

韓国と日本で”人の輪”をつくる――あるボランティアスタッフの平昌2018

言うまでもなく、オリンピック・パラリンピックはボランティアの存在なしに、運営は不可能である。 各競技会場でその日のプログラムが終了すると、設置された電光掲示板に真っ先に表示されるのは、ボランティアへの感謝の言葉だ。筆者も含めたパラフォト平昌取材班のメンバーも、幾度となくボランティアスタッフに助けられた。彼らは様々なバッ […]

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

王者同士の戦いに会場が揺れた。3月18日・競技9日目、平昌パラリンピックアイスポッケーのカナダ対アメリカの決勝戦が行われ、アメリカが3大会連続で金メダルを獲得。延長戦へともつれ込む大接戦の中、王者のプライドを見せつけた。 試合は開始序盤から激しい攻防を繰り広げる。攻守の切り替えが早く、どちらも譲らない展開が続くなか、1 […]