最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

獲得メダル10個(金メダル3、銀メダル4、銅メダル3)を始め、入賞数(4位〜8位)も計13と、日本選手団はソチ大会を上回る大きな実績を残した平昌パラリンピックが閉幕。一夜明けた3月19日、日本代表の解団式が行われた。 大回転での金メダルを筆頭に出場5種目すべてでメダルを獲得したアルペンスキー・女子座位の村岡桃佳(早稲田 […]

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

20歳のエースが勝利の立役者。アイスホッケー決勝戦、アメリカが3大会連続で優勝。

王者同士の戦いに会場が揺れた。3月18日・競技9日目、平昌パラリンピックアイスポッケーのカナダ対アメリカの決勝戦が行われ、アメリカが3大会連続で金メダルを獲得。延長戦へともつれ込む大接戦の中、王者のプライドを見せつけた。 試合は開始序盤から激しい攻防を繰り広げる。攻守の切り替えが早く、どちらも譲らない展開が続くなか、1 […]

「強いチームを立て直す」。アイスホッケー、世界の壁を感じた5試合

「強いチームを立て直す」。アイスホッケー、世界の壁を感じた5試合

世界との差を感じる試合になった。3月16日に江陵アイスアリーナで行われた日本対スウェーデン戦、日本は5連敗を喫した。 開始52秒、スウェーデンのFW93番GYLLSTEN Maximilianが先制点をあげる。 「向こうが恐れていた先制点をとりたかったが、逆に点を決められてしまった。イージーゴールをさせてしまうようでは […]

ホームの熱狂に屈せず。アイスホッケー、カナダが金メダルへ王手

ホームの熱狂に屈せず。アイスホッケー、カナダが金メダルへ王手

アイスホッケーはいよいよメダル争いをかけたセミファイナルへと突入した。3月15日にはカナダと韓国の試合が行われ、開催国・韓国は世界ランキング1位のカナダを迎えた。 第1ピリオドで次々と得点を決めたのはカナダ。4ー0で迎えた第2ピリオドには、パワープレー中にカナダのFW18番・Billy Bridgesが追加点を入れ、5 […]

アイスホッケー、チェコに敗れ準決勝へ届かず。

アイスホッケー、チェコに敗れ準決勝へ届かず。

3月13日、江陵ホッケーセンターでアイスホッケーの日本対チェコ戦が行われた。日本はすでに開会式翌日の10日に韓国、11日にアメリカと対戦し、それぞれ1ー4、0ー10と痛い黒星を喫している。1次リーグ突破のためには負けられない戦いであった。 アイスホッケーは第1ピリオドから第3ピリオドまで、各15分、合計45分で試合が展 […]

好セーブを見せるGK福島忍 (写真・山下元気)

アイスホッケー開幕・日韓戦で1点奪還するも4−1で敗れる!

3月10日、平昌パラリンピック競技1日目。日本が参加する5種目のうち唯一のチームスポーツになるアイスホッケー(旧称・アイススレッジホッケー)は、沿海エリアの江陵ホッケーセンターで開幕。 予選リーグ第2試合、日本は韓国チームと対戦し4−1と大差をつけられた。 第1ピリオド0−0で終え、第2ピリオドで反則から1人を欠いたと […]