アイススレッジホッケー

パラリンピック復帰へ踏み出した、日本代表チーム

苫小牧最終日、6−0で日本敗れBプール2位。新たな挑戦へ踏み出した。

12月3日、IPCアイススレッジホッケーBプール苫小牧・最終日。2日間にわたるBプールの優勝争いはチェコの圧勝だった。 前日に日本は2−0でチェコに敗退した。同じ相手との2戦目は、早くに先制点を奪われ、第1、第2ピリオドでそれぞれ3点を失い6−0となった。第3ピリオドをなんとか無失点に抑えたが、チェコの成長と安定を印象 […]

2−0でチェコが勝利!〜IPCアイススレッジホッケー世界選手権Bプール・3日目〜

2−0でチェコが勝利!〜IPCアイススレッジホッケー世界選手権Bプール・3日目〜

12月2日、白鳥王子アイスアリーナ(北海道苫小牧市)で行われているIPCアイススレッジホッケー世界選手権Bプールは3日目・第2試合、日本対チェコは2−0で日本が敗れた。 日本、チェコ、スロバキア、イギリスの4カ国による対戦で、前半の試合までに日本とチェコの2位以上が決定、平昌パラリンピック最終予選(2017年10月)へ […]

12月1日、試合のオフ日に各国のコーチ、レフェリーらと交流試合を楽しむ日本チームヘッドコーチ・中北浩仁  写真・山下元気

IPCアイススレッジホッケー世界選手権Bプール・苫小牧〜いよいよ後半戦へ!

「パラの舞台へ、もう一度」熱い戦いとなっている2016IPCアイススレッジホッケー世界選手権Bプールは、11月28日に苫小牧(北海道)で開幕した。12月1日は大会期間の中間で試合のない1日。会場の白鳥王子アイスアリーナでは、大会に関わるレフェリーと各国のコーチ陣が恒例の交流試合を楽しんでいた。 下半身に障害を持つ選手が […]

「第1回障がい者文化スポーツのつどい」実行委員のみなさん

パラスポーツの街をつくる旭川の人々 〜第1回障がい者文化スポーツのつどい〜

 10月12日の体育の日に、旭川(北海道)で「第1回障がい者文化スポーツのつどい」が開催され、旭川地域でパラスポーツと関わりをもつ市民や行政担当者など約80名が旭川市市民活動交流センターCoCoDeに集まった。  主催は、旭川医科大学スポーツ医科学研究委員会、旭川障がい者スポーツ協会、旭川障がい者文化スポーツ振興支援会 […]

アイススレッジホッケー決勝戦は、アメリカがロシアを1-0で下し、大会2連覇を達成した。

アイススレッジホッケー決勝 アメリカがロシアを破り2連覇!

アイススレッジホッケーは15日、オリンピックパークのシャイバアリーナで決勝戦が行なわれ、アメリカがロシアを1-0で下し、大会2連覇を達成した。 会場は地元ロシアの観客で埋まり、大歓声に包まれた。ロシアはパラリンピック初出場にも関わらず、決勝まで勝ち上がった勢いがあり、アメリカは前回覇者でスピードとテクニックに卓越してい […]