50メートル自由形S13を泳ぐ 辻内彩野(弱視/OSSO南砂) 写真・秋冨哲生

父が語る、強さの秘密~水泳・辻内彩野

3月2日・3日に静岡県富士水泳場で行われた「パラ水泳春季記録会」。出場した選手のうち、リオパラリンピックメダリストの木村敬一(S11/東京ガス)など14人が、世界選手権の日本代表に選出された。 このうちの1人が、22歳の辻内彩野(S13/OSSO南砂)。今大会、50メートル自由形では27秒92の日本新記録をマークし、派 […]

100メートルバタフライS11をスタートする富田宇宙(全盲/日体大大学院) 写真・吉村もと

2020へ向き合い世界へ漕ぎ出したパラ水泳。14人が日本代表となりパラ水泳春季記録会閉幕。



トップスイマーの顔ぶれ 今夏の世界選手権への派遣記録をかけた「パラ水泳春季記録会」が3月3日(日)静岡県富士水泳場で閉幕。派遣標準タイムをきった以下14人(視覚障害4人、肢体不自由4人、知的障害6人)が日本代表に選出された。 <日本代表に選出された選手> 木村敬一、鈴木孝幸、富田宇宙、中村智太郎、山田拓朗、石浦智美 […]

200メートル個人メドレー S11を泳ぐ木村敬一(全盲/東京ガス) 写真・秋冨哲生

ブラインド・スイマーらが活躍。パラ水泳日本代表選考会が始まる!

2020東京パラリンピックを来年に控えた「パラ水泳春季記録会」が3月2日(土)静岡県富士市水泳場で始まった。この大会は予選なしの一発勝負で今年の日本代表選手を決める。 大会1日目は、12のレースで9名のスイマー(木村敬一、富田宇宙、中島啓智、東海林大、成田真由美、石浦智美、辻内彩乃、鈴木孝幸、山田拓朗)が派遣標準記録( […]

第35回日本パラ水泳選手権大会/開会式でアジアパラ日本代表選手 写真提供:日本身体障がい者水泳連盟

戦士はまだ羽根を休めないのか?〜2018最終レース・日本パラ水泳選手権〜

12月1日と2日に、三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿水泳場(三重県鈴鹿市)でワールドパラ水泳連盟(WPS)公認・第35回日本パラ水泳選手権大会が開催された。全国各地から障害によるクラス分けと標準記録をクリアした523名(身体399名・知的124名)のスイマーが出場。参加者数は前年を上まわった。 この大会は毎年の最後に行われ […]

アジアパラで、200m個人メドレーを泳いだ東海林大(手前)と中島啓智 写真・山下元気

アジアパラ 2018、水泳5日間のレースが終了!

10月12日、インドネシア2018アジアパラ競技大会・水泳競技は最終日を迎えた。選手たちの疲労が増す中で力を振りきる後半のレースが展開された。5日間ののち日本チームは金メダル23個、銀メダル28個、銅メダル29個、合計80個のメダルを獲得し、金メダル数では中国に次ぐ2位。合計メダル数では水泳参加国中トップである。 日本 […]

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

10月11日アジアパラ2018インドネシア五日目、日本代表チームは金メダル25個を含む114個のメダルを獲得した。うち水泳では7日からの4日間で金メダル16個、銀メダル21個、銅メダル17個の合計54個。金メダル数では中国に次ぐ2位、合計メダル数では参加国27カ国中トップで前半を終えた。 快進撃を続ける日本水泳チーム。 […]