Archives

ターンやゴールを合図するタッピング棒の説明をする木村選手

木村敬一が横浜市の一本松小学校を訪問 〜横浜で小学生とパラリンピアンの交流〜

 10月21日、横浜市西区にある横浜市立一本松小学校(小堀敏明校長)に、ロンドンパラリンピック水泳・銀メダリストで全盲の木村敬一選手が訪問。木村選手は体育館に集まった1年生から6年生の児童約300人と保護者にむけ、まず生 […]

中村智太郎(両腕欠損・パル彩の台)100メートル平泳ぎSB7決勝

2015ジャパンパラ水泳 写真(9月5日)

IPC公認2015ジャパンパラ水泳競技大会1日目、9月5日の写真。この日は、7月にグラスゴー(イギリス)で行われたIPC水泳世界選手権から1ヶ月が過ぎたリオへの主力選手たちの泳ぎが見どころだった。また、400メートル自由 […]

木村敬一 400メートル自由形S11のタッピング 写真:西川隼矢

パラスイム国内最高峰の舞台を東京で開催! 〜ジャパンパラ水泳〜

 25回目を迎えるIPC(国際パラリンピック委員会)公認2015ジャパンパラ水泳競技大会が、9月5〜6日に東京辰巳国際水泳場で行われ、約270名の障害のある選手が出場し、鎌田美希(両下腿欠損・大阪シーホース)女子400メ […]

水球。カザン日本代表が所属するブルボンKZと世界ジュニア代表チームによるエキシビションマッチ

2020に向け「水泳の日」オリンピアン、パラリンピアンが集い開催! フォトレポート

 8月14日、日本水泳連盟が掲げる「ドリームプロジェクト2020」の柱のひとつ、第1回目となる「水泳の日2015」が東京辰巳国際水泳場で開催された。イベントは、日本水泳連盟、日本スイミングクラブ協会、日本マスターズ水泳協 […]

7月に行われたIPC水泳世界選手権大会で金2個を含む4個のメダルを獲得、リオパラリンピック出場内定を得た木村敬一

水泳の日、初めてのイベントにパラリンピアンが参加!

 8月14日、日本水泳連盟が掲げる「ドリームプロジェクト2020」の柱のひとつ、スポーツによる社会貢献イベントとして初めて「水泳の日2015」が東京辰巳国際水泳場で行われ、先日8月9日までカザン(ロシア)で開催された世界 […]

UKADの活動ブース

アンチ・ドーピング啓発活動@UKADと日本の浸透現状

 わたし自身がスポーツファーマシストの資格を取得し、早4年以上になる。スポーツファーマシストになる前に、バンクーバー・パラリンピックのドーピングチームに参加して、パラリンピック選手や関係者とたくさん話して、パラスポーツに […]