「もうひとつの高校サッカー」は東京代表が優勝! 〜第3回全国知的障害特別支援学校高等部サッカー選手権〜 

by
藤枝総合運動公園で高等支援学校サッカー部9校による選手権大会が開催

藤枝総合運動公園で高等支援学校サッカー部9校による選手権大会が開催

2月17〜18日に藤枝総合運動公園サッカー場と陸上競技場(静岡県藤枝市)を舞台に予選を勝ち抜いた高等支援学校サッカー部9校による日本一を決める選手権大会が行われた。

予選リーグ
初日(17日)はJIFF(日本障がい者サッカー連盟)北澤豪会長が観戦するなか予選5試合が行われた。

注目するチームは、第1回大会優勝校で3年連続出場中の愛知県立豊田高等特別支援学校と同じく、3年連続出場で初優勝を目指す東京都立志村学園。前日本代表監督の小澤通晴氏が率いるチームである。

また、昨年の準優勝チームを破り出場した鹿児島県立鹿児島高等特別支援学校も注目。同校は、今年度は近隣の高校との合同チームでインターハイ予選、高校サッカー選手権予選、県新人戦に出場。どんな試合をするか、期待が膨らんだ。

決勝リーグ
翌日の準決勝に大阪府立たまがわ高等支援学校、東京都立志村学園、岐阜県立本巣特別支援学校、愛知県立豊田高等特別支援学校の4チームがコマを進めた。

準決勝第1試合は、サッカー場で行われたたまがわ高等支援学校(大阪)と志村学園(東京)の試合。志村学園が終始試合を支配し5−0の完封で決勝戦へ進んだ。
準決勝第2試合は、本巣特別支援学校(岐阜)と豊田高等特別支援学校(愛知)。試合はスコアレス終了、PK戦の結果、本巣特別支援学校が初の決勝戦へ進出した。
3位決定戦はチャンスを確実に決めた大阪府立たまがわが3−0で豊田高等特別支援学校に勝利した。

18日午後1時から行われた決勝戦は、本来の力が発揮され無失点で大会を勝ち抜いた志村学園(東京)が、本巣特別支援学校(岐阜)の厚い守りを破って後半に3点を奪い初優勝を果たした。

優勝した東京都立志村学園

優勝した東京都立志村学園

<結果>
優勝 東京都立志村学園
準決勝 岐阜県立本巣特別支援学校
3位 大阪府立たまがわ高等支援学校

<出場校>
三重県立稲葉特別支援学校
大阪府立たまがわ高等支援学校
鹿児島県立鹿児島高等特別支援学校
千葉県立特別支援学校流山高等学園
東京都立志村学園
大阪府なにわ高等支援学校
岐阜県立本巣特別支援学校
静岡県立富士特別支援学校富士宮分校
愛知県立豊田高等特別支援学校

(校正・佐々木延江)