取材者の視点 — 2018年3月7日 at 4:50 AM

入村式は、メキシコ、ベラルーシ、チリとともに

by
入村式で入場する選手たち。チリ、メキシコ、ベラルーシとともに

入村式で入場する選手たち。チリ、メキシコ、ベラルーシとともに

3月9日の開会式を前に、6日午後4時より、平昌2018冬季パラリンピックの選手村で入村式が行われ、日本選手団選手・スタッフ50名が参加。メキシコ、ベラルーシ、チリとともに主催者であるPOCOG(韓国オリンピック委員会)による歓迎の儀式を受けた。
練習からの交通状況で戻れながった選手も多くいたが、セレモニーでは、踊りや民謡など韓国伝統的なダンス、義足や片足のダンサーによる踊りが行われ、暖かく迎えられた。