スーパーGで村岡桃佳が銅メダル!

by
村岡桃佳 スパーG銅メダルの滑り (写真・堀切功)

村岡桃佳 スーパーG銅メダルの滑り (写真・堀切功)

3月11日、平昌2018パラリンピック競技2日目はスーパーGが行われ、昨日に引き続き村岡桃佳(早稲田大学)が銅メダルを獲得した。
女子のスーパーGのメダル獲得は、2006年トリノ大会に大日方邦子が獲得して以来、3大会ぶりの記録となる。

男子スーパーG座位の結果は、狩野亮(マルハン)が5位、森井大輝(トヨタ自動車)が8位、鈴木猛史(KYB)が13位となった。
この他の結果は、夏目堅司(RDS)と、本堂杏実(日体大)は失格。
立位は三澤拓が15位、小池岳太が27位だった。