2020へ向き合い世界へ漕ぎ出したパラ水泳。14人が日本代表となりパラ水泳春季記録会閉幕。

by
春季記録会が行われた静岡県富士水泳場 写真・秋冨哲生

春季記録会が行われた静岡県富士水泳場 写真・秋冨哲生



トップスイマーの顔ぶれ
今夏の世界選手権への派遣記録をかけた「パラ水泳春季記録会」が3月3日(日)静岡県富士水泳場で閉幕。派遣標準タイムをきった以下14人(視覚障害4人、肢体不自由4人、知的障害6人)が日本代表に選出された。

<日本代表に選出された選手>
木村敬一、鈴木孝幸、富田宇宙、中村智太郎、山田拓朗、石浦智美、辻内彩野、成田真由美、田中康大、東海林大、中島啓智、山口尚秀、北野安美紗、芹澤美希香

一方で、昨年のアジアパラで多くのメダルを取り期待が高まっていた若手、次世代を担う選手たちのほとんどが個人/リレーいずれの派遣標準記録にも届かず、代表チーム選考から外れる結果となった。

いずれも、世界選手権の開催については当初の開催地が政治的事情により変更となり、場所や日程の詳細が決まらない中での代表選考会だった。


木村敬一
前回リオパラリンピックで日本人最高の4つのメダル(銀2・銅2)を獲得した木村敬一(全盲/東京ガス)は、練習拠点をアメリカに置いて世界視野で取り組むトップ・スイマーである。今回出場4種目全てで派遣標準を突破、得意とする100メートルバタフライは自身のアジア記録を更新した。

世界ランク1位・木村敬一(全盲/東京ガス)の100メートルバタフライ。1:1.17で自身のアジアレコードを更新した 写真・吉村もと

世界ランク1位・木村敬一(全盲/東京ガス)の100メートルバタフライ。1:1.17で自身のアジアレコードを更新した 写真・吉村もと

リオで金メダルを目指し苦しい戦いに投じた結果は金メダルに届かなかった。そんな木村がもう一度世界を目指す今大会のミックスゾーンで、次のように話していた。
「リオで経験したことはパラリンピック本番で自分の実力以上を出す、最高のパフォーマンスが出せるかは重要で自国開催のプレッシャーは自分にも想像がつかない。出来るだけ早めに引っ張っておきたい。ベストを出そうと思ってこの大会に出場した」

富田宇宙
S13からのクラス転向で同じクラスとなった木村敬一を追って成長する富田宇宙(日体大大学院)。出場3種目すべてで派遣標準タイムを切り、世界パラ水泳日本代表の主力選手として選出された。前回メキシコでの世界選手権代表にも選出されたが、大地震により大会が延期され日本からは出場を見送ったため、今回が初めての世界デビューとなる。

100メートルバタフライをスタートする富田宇宙(全盲/日体大大学院) 写真・吉村もと

100メートルバタフライをスタートする富田宇宙(全盲/日体大大学院) 写真・吉村もと

「腰を高い位置で抵抗を少なくしつつ水をかく。健常者と同じフォームで効率がいい泳ぎができるが、コースロープをたどりにくくなる。視覚障害者の泳ぎはコースロープを辿る。(怪我の)リスクを避け安全にしながら(ムダな距離を)蛇行せず泳ぎたい。木村くんはフォームが悪くても出力が高いため短い距離では速く泳げる。自分は長い距離を泳ぐ」と、富田は木村とは違う泳ぎを模索して頂点を目指そうとしている。

知的障害/中島啓智と東海林大
知的障害は、注目の二人が競い合う2レース。200メートル個人メドレーと100メートルバタフライで、中島啓智(あいおいニッセイ)と東海林大(三菱商事)が共に派遣標準を突破した。

200メートル自由形S14を泳ぐ、中島啓智(知的障害/あいおいニッセイ) 写真・秋冨哲生 

200メートル自由形S14を泳ぐ、中島啓智(知的障害/あいおいニッセイ) 写真・秋冨哲生 

「前半から突っ込んだ泳ぎで後半もそのまま泳ぎます。隣(東海林)が追い越そうとしてくるのでペースを保つようにしています」と話す、リオパラリンピック銅メダリストの中島は、100メートル背泳ぎでも派遣標準記録を突破し強さをみせた。

世界記録をもつ100メートルバタフライを泳ぐ東海林大(三菱商事) 写真・吉村もと

世界記録をもつ100メートルバタフライを泳ぐ東海林大(三菱商事) 写真・吉村もと

100メートルバタフライで世界記録、200メートル個人メドレーで日本記録を持ち実力面で期待される東海林は、リオ選考会で仲間たちに水を開けられる失敗を乗り越え、昨年のアジアパラでも優勝した。
「5種目にチャレンジしたかった。合宿でも5種目のために準備した。とにかく、チャレンジするからには前向きにしたい」と自分の意思でやり遂げていることをアピールした。また、「ライバル」「勝負」という表現を避け、リオメンバーは仲間であり、共に泳ぎを楽しみたいと話していた。

新たな顔ぶれ

新たな戦力として視覚障害の石浦智美(全盲/伊藤忠丸紅鉄鋼)とパラスイム転向1年、スピーディーに環境を変えてパラ水泳に取り組む辻内彩野(弱視/OSSO南砂)が50メートル自由形で派遣標準を突破、代表チームに加わった。辻内は100メートル平泳ぎでも日本記録を更新した。

辻内彩野(弱視/OSSO南砂)100メートル背泳ぎのスタート前 写真・久下真以子

辻内彩野(弱視/OSSO南砂)100メートル背泳ぎのスタート前 写真・久下真以子

ミックスゾーンでの石浦智美(全盲/伊藤忠丸紅鉄鋼) 写真・望月芳子

ミックスゾーンでの石浦智美(全盲/伊藤忠丸紅鉄鋼) 写真・望月芳子

→→1:トップスイマーの顔ぶれ
→→2:トビウオパラジャパン、世界と戦える集団にしたい
→→3:パラ水泳春季記録会写真ギャラリー

1 2 3