TOKYO 2020, 夏季競技, 馬術 — 2019年3月20日 at 2:04 AM

パラ馬術:CPEDI3★Gotemba 兼 JRAD国内競技会 PartI、鎮守美奈らが好調

by
グレードⅠの鎮守美奈(明石乗馬協会/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ジアーナ 写真:稲継泰朗

グレードⅠの鎮守美奈(明石乗馬協会/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ジアーナ 写真:稲継泰朗

2019年3月15日(金)~3月17日(日)、CPEDI3★Gotemba 兼 JRAD国内競技会 PartIが、御殿場市馬術・スポーツセンター(静岡県御殿場市)で開催された。

CPEDI3★はパラ馬術の国際大会で、今大会は2020東京パラリンピックの代表人馬選考の対象となる重要な試合の1つ。
パラ馬術は、身体障害の程度に応じて最も重いグレードⅠから最も軽いグレードⅤまで5つのクラスに分かれているが、今大会では全部で8人馬(グレードⅠ・グレードⅡ・グレードⅤ:各1人馬、グレードⅢ:2人馬、グレードⅣ:3人馬)が出場。
グレードⅠの鎮守美奈(明石乗馬協会/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ジアーニ、グレードⅢの稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ビーマイボーイ、同じく稲葉 将&ピエノ(稲葉は2馬で登録、出場)、グレードⅣの高嶋活士(ドレッサージュステーブルテルイ/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ケネディが60%台の好成績をおさめた。

一般社団法人 日本障がい者乗馬協会(JRAD)
2020東京パラリンピック大会 パラ馬術競技 代表人馬選考基準 (2019年3月8日付)
https://jrad.jp/ment201902/2020daihyou.pdf?fbclid=IwAR3FW9ZGra_b0gmAuJTXIVYU_pEp08gyz0qIfBjKWQW45nFiMENzue5GGwk
*国際パラリンピック委員会(IPC)の定める出場最低基準は、別途IPCサイト参照(馬術はP48~P53)
https://www.paralympic.org/sites/default/files/document/180406100007370_Tokyo%2B2020%2BQualification%2BCriteria%2B060418.pdf

CPEDIとは?
http://www.paraphoto.org/?p=19538

グレードⅢの稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ピエノ  写真:稲継泰朗

グレードⅢの稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ピエノ 写真:稲継泰朗

競技結果

◆1日目、チームテスト

グレードⅠ 1位 鎮守美奈(明石乗馬協会/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ジアーニ 64.286%
*2004年アテネパラリンピック・2010年ケンタッキー世界馬術選手権大会出場

グレードⅡ 1位 井上 力(つとむ。東京障害者乗馬協会)&プリンセス・クラリス 58.389%

グレードⅢ 1位 稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ビーマイボーイ 65.098%
*2018年トライオン世界馬術選手権大会出場

       2位 稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ピエノ 64.706%  ※2頭登録、出場

グレードⅣ 1位 高嶋活士(ドレッサージュステーブルテルイ/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ケネディ 63.458%
*2018年トライオン世界馬術選手権大会出場

       2位 大塚宗毅(OISO乗馬クラブ)&リトルアトム 59.042%

       3位 常石勝義(明石乗馬協会)&ヴェズレイS 58.000%

グレードⅤ 1位 石井直美(東京障害者乗馬協会/サンセイランディック)&ゴールドティア 59.147%

◆2日目、インディビジュアルテスト

グレードⅠ 1位 鎮守美奈(明石乗馬協会/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ジアーニ 65.595%

グレードⅡ 1位 井上 力(東京障害者乗馬協会)&プリンセス・クラリス 58.187%

グレードⅢ 1位 稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ビーマイボーイ 64.559%

       2位 稲葉 将(静岡乗馬クラブ/シンプレックス)&ピエノ 64.117%  ※2頭登録、出場

グレードⅣ 1位 高嶋活士(ドレッサージュステーブルテルイ/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ケネディ 62.601%

       2位 常石勝義(明石乗馬協会)&ヴェズレイS 59.988%

       3位 大塚宗毅(OISO乗馬クラブ)&リトルアトム 53.008%

グレードⅤ 1位 石井直美(東京障害者乗馬協会/サンセイランディック)&ゴールドティア 55.476%

グレードⅣの高嶋活士(ドレッサージュステーブルテルイ/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ケネディ 写真:稲継泰朗

グレードⅣの高嶋活士(ドレッサージュステーブルテルイ/コカ・コーラ ボトラーズ ジャパン)&ケネディ 写真:稲継泰朗

◆3日目、フリースタイルテスト

フリースタイルテストは音楽にあわせて、各選手が既定の項目をアレンジしたコースを演技する種目だ。音楽にあわせて馬が「踊る」ような演技に注目。選考等の対象競技ではないが、世界中の多くの馬術ファンが楽しみにしている。芸術点という観点も含まれるので、グレードごとに同じコースを踏む規定競技とはまた違った楽しみがある。オリンピック、パラリンピックではメダル対象の競技。

出場資格は、一部の成績上位の人馬に与えられる。
今大会では、チームテストとインディビジュアルテストの各最終得点率を合計し、平均した得点率が60%を超えた選手が出場資格を獲得。グレードⅠの鎮守美奈&ジアーナ、グレードⅢの稲葉 将&ビーマイボーイ、グレードⅣの高嶋活士&ケネディがフリースタイルテストに出場した。

グレードⅠ 鎮守美奈&ジアーナ 68.444%
グレードⅢ 稲葉 将&ビーマイボーイ EL(馬が柵を超えてしまったため失格)
グレードⅣ 高嶋活士&ケネディ 63.750%

審判長:Ms.Alison Pauline King 審判員:Ms.Suzanne Cunningham、Mr.Mura Love

公式リザルト: 国際馬術連盟(FEI)サイト
https://data.fei.org/Calendar/EventDetail.aspx?p=AE7F521762E20F321E9F282DBCE82BD

今後国内で開催されるパラ馬術国際大会の予定
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 馬術の大会一覧
http://www.jsad.or.jp/calendar/competition/56_%E9%A6%AC%E8%A1%93/

◆フォトギャラリー (クリックすると写真が大きくなります)

(写真 稲継泰朗、編集・校正 田中綾子)