LONDON2019, ロンドン, 国際大会, 夏季競技, 水泳 — 2019年9月18日 at 2:21 AM

もう一人のブラインド・スイマーが世界デビュー!富田宇宙「肌で感じた、パラリンピックに挑戦する魅力」

by

9月15日、ロンドンで7日間に渡って行われたパラ水泳世界選手権・最終日。男子400m自由形S11(全盲)で、予選3位で泳いだ富田宇宙(日体大大学院)は、決勝4分32秒90で銀メダルを獲得した。優勝したのは4分28秒台で泳いだオランダのRogier DORSMAN、3位は中国のHUR Dongdongだった。
前回2017年メキシコ大会は地震による延期で日本代表は出場しなかったため2年遅れての世界デビューとなった。

9月15日・大会最終日の男子400m自由形S11決勝で、オランダのRogier DORSMANと競い合う富田宇宙 写真・安藤理智

ブラインドスイムの難しさと挑戦の魅力

「金メダルを逃したことは悔しいけど、ロジャー選手の28秒台は今はまだ僕には出せないタイムで、これから目指していきたい。ジャパンパラでも上回れるよう意識し彼が持っている競泳者としてのテクニックに見習いたい」とレースの感想を述べた上で、この日の400m自由形のレースについて「周りとの駆け引きが目的ではないが、途中、となりの(4レーンにいた中国の)ドンドン選手と接触し、後半はお互いに感じながら泳いでいたんです。ラストは必ず追い抜ける自信があった。僕の中では彼が一番速く泳ぐと思っていたので、ぴったりついていき引き離す作戦で、最後に振り切ったんですけれども、実は奥側(5レーン)にいたロジャー選手が速かったということです。これがブラインドスイムの難しいところです。ドンドン選手も新しい選手、ロジャー選手も若いしこれから戦う相手だと思います」と説明してくれた。

9月14日・大会6日目、男子100mバタフライS11決勝を競い泳ぐ木村敬一と富田宇宙 写真・安藤理智

富田は、S13(弱視)の頃はアジア記録を持ちながらも世界で戦うチャンスはなかった。徐々に見えなくなるなかで日常生活への影響は免れないが2017年、S11(全盲)に分けられたことでパラスイマーとして大きなチャンスを得た。北京・ロンドン・リオとパラリンピック3大会で6つのメダルを勝ち取ってきた日本のエース・木村敬一とともに世界への挑戦ができるようになったのだ。

ーーずっと取り組んできた400m自由形での世界デビューの感想は?

男子100mバタフライS11のゴール後の富田(左)と木村(右) 写真・安藤理智

「実力が世界で戦えるレベルにあることは嬉しいが、日本チームは世界で苦戦している。世界が強いこと、日進月歩で伸びていることを肌で感じた。そこに追い抜け追い越せで、もう一度、あと一年で、できることをやっていかなくてはと思います」

肌で感じた世界の雰囲気をお土産にジャパンパラへ

KIMURA Keiichi & TOMITA Uchu (JPN) Men's 100m Butterfly S11 / Final Gold Medal & Silver Medal

男子100m バタフライS11の表彰式。金メダル・木村敬一、銀メダル・富田宇宙、銅メダル・BELOUSOV Kirill(RUS) 写真・安藤理智

ーー(地震で日本代表は出場しなかった前回世界選手権)メキシコは行けなかったわけですが、世界の現場はやはり違いますか?

「世界の現場で肌で感じたものは、ホントに、全く違いますね。日本の大会はもちろん、他の国際大会も含めて、パラリンピック前年の世界選手権、(おそらく)パラリンピックというのは、世界の選手がそろう試合。ここが本当の意味でトップ選手が全員肩をならべていっしょに戦う場面。みんなこのために練習してきたんだということを肌で感じた。鈴木選手や木村選手が海外で練習している理由を強く感じたし、世界の環境、選手がパラ水泳に取り組む姿勢の雰囲気が日本の選手たちと全然違う。今回学びとり、世界の雰囲気を自分たちが持ち帰って、ジャパンパラで、日本全体で危機感を持ってやっていかなければならない」

ーーあと1年の練習環境は?

「現在JISSの拡充棟の1レーンを使わせてもらっています。人がいっぱいいるとレーンの中で右へ行ったり左へ行ったりできないので、練習は一人でレーンを使いたい。現在はNTCのプールのレーンを自分の練習の時間で使用させてもらっているので、この上ない環境です。有効に活用していきたい」

次の試合は、帰国後すぐのジャパンパラ水泳選手権となる。全力で世界を戦ったあとの疲労の中でのレースとなるが、その疲れも含めて、日本代表14人の実力と、来年3月の東京2020への選考が期待される若手選手らによる国内最高峰の大会となる。これまでとは一味違ったジャパンパラになるだろう。

富田宇宙のLondon2019 結果

9月9日・大会1日目
男子50m自由形S11予選 28秒80 10位
(決勝進出しなかった)

 9月12日・大会4日目
男子200m個人メドレーS11 予選 2分29秒33 2位
男子200m個人メドレーS11 決勝 2分30秒17 4位

9月14日・大会6日目
男子100mバタフライS11 予選 1分2秒80 1位
男子100mバタフライS11 決勝 1分3秒64 2位 銀メダル

ミックス4×100m 自由形S11-13(49pt)
予選1泳 富田宇宙:(1分01秒90)1分01秒90 /4分19秒44 7位 
決勝1泳 富田宇宙:(1分00秒79)1分00秒79/4分16秒90 7位

9月15日・大会7日目
男子400m自由形S11 予選:4分43秒82 3位
男子400m自由形S11 決勝:4分32秒90 2位 銀メダル

公式情報サイト(IPCスイミングLondon2019)
https://www.paralympic.org/london-2019