ブラインドサッカー・アジア選手権へ向け日本代表合宿が開催。初戦オマーンは見えない相手。

by

9月30日~10月6日にパタヤ(タイ)で行われる「IBSAブラインドサッカーアジア選手権2019」に出場するブラインドサッカー日本代表の直前合宿が9月21日~23日までZOZOPARK(千葉県千葉市)で行われた。

コーチ陣を相手にドリブルをする川村怜

取材に訪れた合宿最終日のこの日は戦術確認を行ったあと一時非公開で練習を行った。再度公開された練習では紅白戦を行い、最後はPK練習で3日間の合宿を終えた。

東京につながる大会にしたい。その準備が整った

合宿を終えた日本代表の高田敏志監督は「今回は新しい戦術というより、(会場となるタイ・パタヤが)高温多湿の上、ピッチコンディションもあまりよくない。毎日雨が降っているようなところで体調も崩しやすいところなので、コンディション最優先で調整をしました。選手たちは海外遠征やワールドグランプリで8カ国のトーナメントは経験しているので、やることはわかっていると思います。雨の時のピッチコンディションがかなり悪くなり、僕らがやりたいサッカーが出来ないことを想定した練習を昨日非公開で行いました。ちょっと世界のブラインドサッカーではやっていない戦術も試して今日わりとうまくいった。結果にはこだわるんですけど東京につながる大会にしたい。その準備が整ったということです」と合宿を振り返った。

「勝って1位通過をしたい」と語った高田監督

さらに予選の対戦相手については、初戦の相手のオマーンの情報は映像すらまったくなく、「サッカー的にはクオリティは高いとは思っていません。でも、初参加のチームの初戦はどんな弱いチームでも気合を入れてくるので油断は出来ません」「オマーンと(2戦目の)マレーシアは油断せずにやれば大丈夫かなと」

3戦目の相手強豪イランについては「誤解されるといけないんですけどイラン戦をピークにもっていこうと選手、スタッフと話をしています。世界選手権の映像、それとベルギーの国際大会で初めて勝った試合を分析しています。現地でも二試合見れるので最終的な攻略方法、守備ブロックを決めたいと思っています。イランに勝って(予選を)1位通過したい」と語った。

紅白戦でシュートを打つFP川村怜

川村怜は合宿について「セットプレーや、戦術をチーム全員で再確認してさらに精度、質を高めていく中で選手同士の話し合いもどんどん増えて、成熟度としては非常に高まってきたかなと思います」と語った。

アジア選手権については「15年のリオ予選ではホームで負けてしまい、出場権を獲得出来なかったことが非常に悔しかったです。当時は本当に100%以上の力を出し切ったという自負はあったのですがそれでも届かなかったというのは非常に悔しかったです。その悔しさがあったからこそ今に影響している部分がたくさんあるのでそれをきっかけに大きく成長できたと思います」

初戦オマーンは見えない相手で不安

「東京大会が決まってメダル獲得を目指していく中で、やはりアジアの中でしっかり勝ち切って東京大会に挑みたいというチーム全員の思いがあるので優勝目指して戦いたいと思います。厳しい環境だったり状況があるので、いろんなことが予想されます。まだ戦ったことのないオマーンなど、見えない選手にしては本当に不安しかありません。どんな相手かわからない、情報がない、こんな不安なことはないので本当に初戦の戦い方というのは大会を戦い抜く中ですごく大事な試合なのかなと思います」

すでに開催国枠での2020東京パラリンピックの初出場が決まっている日本を除く上位2カ国に出場枠が与えられている。アジア予選を突破したことのない日本代表は今大会で優勝して2020東京大会に向けて弾みをつけたい。

アジア選手権に臨むブラインドサッカー日本代表メンバー

FP 川村 怜(かわむら りょう)Avanzareつくば所属
FP 田中 章人(たなか あきひと)たまハッサーズ所属
FP 黒田 智成(くろだ ともなり)たまハッサーズ所属
FP 加藤 健人(かとう けんと)埼玉T.Wings所属
FP 寺西 一(てらにし はじめ)松戸・乃木坂ユナイテッド所属
FP 佐々木 ロベルト泉(ささき ろべりといずみ)Avanzareつくば所属
FP 佐々木 康裕(ささき やすひろ)松戸・乃木坂ユナイテッド所属
FP 園部 優月(そのべ ゆづき)free bird mejirodai所属
GK 佐藤 大介(さとう だいすけ)たまハッサーズ所属
GK 髙橋 太郎(たかはし たろう)ラッキーストライカーズ福岡所属
監督 高田 敏志(たかだ さとし)
ガイド 中川 英治(なかがわ えいじ)

「IBSAブラインドサッカーアジア選手権2019」開催概要

日程:2019年9月30日(月)~10月6日(日)
会場:パタヤ・ユース・センター(タイ・パタヤ)
参加国:8カ国
グループA:中国(世界ランク3位)、タイ(同15位)、韓国(同16位)、インド(同30位)
グループB:イラン(同6位)、日本(同13位)、マレーシア(同17位)、オマーン
*オマーンは2018年に代表チームが発足。今回が初の国際試合となるため世界ランキングデータはなし。

日本代表の試合予定(日時は現地時間)

グループB
9月30日(月)  8:00  オマーン戦
10月1日(火) 18:00  マレーシア戦
10月3日(木)  8:00  イラン戦
10月5日(土)  8:00  7位プレーオフ
15:30  グループB1位対グループA2位
18:00  グループA1位対グループB2位
10月6日(日)  8:00  5位プレーオフ
15:30  3位プレーオフ
18:00  決勝戦

次はフォトギャラリー

1 2