募集情報

パラフォトは、2000年シドニーパラリンピックの写真配信からはじまり、ファンのメディアとして、障害者のスポーツを「知り・知らせる」活動をしています。

活動は、プロの経験や知識も大事ですが、受信者としてのセンス(感受性、良識など)を重要とし、取材者自身がメディアとなって、多くの人にパラスポーツの楽しさを知り、価値や魅力を伝えること目的としています。

あらたな視点から、世界と地域でおきているパラスポーツの現在について、伝えることに意欲のある方、活動を理解し支えてくださる方の参加をお待ちします。

主な活動内容

配信活動
パラリンピックにつながる障害者の競技スポーツを取材、インターネットで知らせる活動

編集活動
写真・ニュース・コラムの編集、発表媒体の模索、写真展の開催などにより、取材した事実を多くの人に届ける活動

研究活動
取材したコンテンツの活用を社会に提案する活動

    → フォトライブラリー等の事業提案、教育活動への貢献など
    → 事務局パラフォトの活動を円滑にすすめる心臓部。
    → 実務をベースに、全体の方向性や各スタッフの動きの調整を行う。

こういう人を求めてます

    障害者スポーツに関心をもち、取材・配信するカメラマン、ライター、編集者など。
    取材については、現地・国内希望による。得意分野を生かして、障がい者のスポーツに愛着をもってご参加いただける方。渉外、エンジニア、デザイナ、翻訳、通訳、書類作成、事務処理、力仕事、その他、可能な役割の提案によりご参加いただける方。

募集内容・申し込み方法

    取材・運営スタッフ(スタッフ)
    法人スタッフとして、自発的に企画の立案・運営・取材・発信・編集に取り組む方。
    ※ 無報酬です。取材・活動に関する宿泊費、交通費などの経費は参加者負担となります。
    詳しくはお問い合せ下さい。

取材登録者(サポーター)

    随時募集しております。※ 取材計画書を作成し、提出して頂きます。
    詳しくはお問い合せ下さい。取材対象への愛情、関心を尊重します。社会人・学生・プロ・アマチュア・性別・年齢・現職・障害の有無・学歴等を問いません。

運営協力者(スタフ・サポーター)

    運営協力者として活動を支えてくださる団体・個人。
    1、スタッフ会員(個人):入会金5,000円+年会費10,000円(調整中)※ NPO法人の社員にあたり、総会での議決権があります。
    2、サポーター会員(法人・個人):一口2,000円以上(議決権なし)
    → 詳しくはお問い合せ下さい。

    寄付:随時受け付けています。→ 銀行振込でお願いします。
    パートナーシッププログラム(ご協賛):→ 詳しくはお問い合せ下さい。

記事・画像を掲載してくださる方(写真使用料・手数料がかかります):新聞社、テレビ局、機関誌、教科書など→ メールにてお問い合わせください。

情報提供: 障害者スポーツに関する情報→ メールにてお寄せ下さい。


<振込口座>

    三井住友銀行 三ツ境支店  普通 6592243
    特定非営利活動法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会

※ パラリンピックの画像使用については、JPC(日本パラリンピック委員会)等への別途申請が必要です。
目的に関わらず、全ての写真の使用について無断での使用は法律違反となります。写真をご使用になる方はご連絡をお願いします。

<追記事項>

    日々の連絡事項はメンバー限定オンラインで行います。横浜市中区(事務局)で不定期ミーティングを開催しています。近郊の方はお問合せください。

<送信される個人情報の取り扱いについて>

送信された情報の管理者:
特定非営利活動法人 国際障害者スポーツ写真連絡協議会 パラフォト事務局

    利用目的:
    事業実施に必要な連絡や書類送付。
    障害者スポーツ情報やパラフォトが行う事業のお知らせの送付。
    掲載コンテンツの二次利用の依頼があった際の著作者への連絡。
    プレスパス取得手続きなどの取材申請。
    渡航・宿泊手配、保険加入の際の手続きや書類送付。

    情報の更新方法:
    本人がパラフォト事務局へメールで依頼する。
    info@paraphoto.org(担当:森田)
    外部からの問い合せへの対応:本人に確認したうえで対応する。