最新記事

「必要な負けもある」さくら、水泳会場から 〜ドバイ2017アジアユースパラを終えて(2) 〜

「必要な負けもある」さくら、水泳会場から 〜ドバイ2017アジアユースパラを終えて(2) 〜

12月13日(水)にドバイで閉幕した「アジアユースパラ競技大会」水泳競技には19カ国が参加した。日本からは22人(身体障害15・知的障害7)が参加。金メダル19を含む43のメダルを獲得する強さをみせた。 大会3日目・最終日の朝、水泳プログラム最初のレースは、400メートル自由型。世界ランク4位の小池さくら(16歳・日体 […]

12月25日、日本障害者スキー連盟2017ー18シーズンキックオフ記者会見に出席した、平昌パラリンピック日本代表推薦選手たち

パラスキー・スノボ、平昌シーズンへキックオフ!記者会見が開催される

日本障害者スキー連盟は12月25日、2017ー18シーズンのキックオフ記者会見を開催。平昌パラリンピック日本代表候補選手18名を発表した。1月22日にJPC日本パラリンピック委員会より正式に発表される(候補選手は記事末尾に記載)。
 記者会見には、平昌パラリンピックに向け、世界トップ・チェアスキーヤーとしてパラリンピッ […]

横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会、決勝戦を戦った横浜クラッカーズ、FCクラッシャーズの選手と大会スタッフ一同 (写真・内田和稔)

横浜から世界へ! 横浜F・マリノスカップ 電動車椅子サッカー閉幕

クリスマスで賑わう横浜で、週末の2日間「マリノスカップ・電動車椅子サッカー大会」が開催され、全国から8チームが横浜ラポールに集まった。 パラスポーツの中でも最も障害の重い人が行えるスポーツ、電動車椅子を使うサッカーには、日本標準の時速6Kmと、世界標準の時速10kmのカテゴリーがある。これまで、日本国内の環境では6km […]

ドバイ2017アジアユースパラを終えて(1)

ドバイ2017アジアユースパラを終えて(1)

12月13日(水)にドバイで閉幕した「アジアユースパラ競技大会」は、30カ国から約800人の障害のある14歳〜23歳の選手が参加して、7つのパラ競技(陸上、水泳、バドミントン、卓球、パワーリフティング、ゴールボール、ボッチャ)で熱戦を繰りひろげた。 主催は、APCアジアパラリンピック委員会とUAEアラブ首長国連邦パラリ […]

大ビンゴー大会で最後の商品をゲットした、小池さくら(左)と花岡伸和団長 (写真・山下元気)

ドバイ2017アジアユースパラ閉幕 日本、金メダルランク1位!

ドバイ2017アジアユースパラ競技大会最終日。大会公式ページによると、日本は金メダルランキング1位となっている。 陸上・ゴールボール・卓球・パワーリフティングの会場となった、ドバイのパラスポーツ専用スタジアム「ドバイクラブ」の中庭では何度も日の丸が掲げられた。 20時半を過ぎ、開会式と同じく陸上競技場で閉会式が行われた […]

パワーリフティングで銀メダルを獲得した奥山一樹(20歳・順天堂大学)の試技 (写真・山下元気)

パワーリフティングで一輝が銀メダル!

ドバイ2017アジアユースパラ2日目・パワーリフティング59kgクラスで、奥山一輝(20歳・順天堂大学)が2セット目で自身のベスト102kgを上回る103kgを更新、さらに3セット目で自分の限界点となる107kgを更新し、108kgを達成したイラクの選手に次ぐ銀メダルを獲得した。 奥山は、アジアユースパラでの目標を「3 […]