最新記事

決勝のタイ戦で相手に与えたペナルティスローを止める宮食行次

「女子に負けじ」と強化進むジャパン男子に戴冠――2019ゴールボールジャパンメンズオープン

逆転優勝に自信。ディフェンスは引き続き課題に 1月13日(日)、14日(月・祝)にかけて、佐倉市民体育館にて『2019ゴールボールジャパンメンズオープン』が開催された。大会の主旨はゴールボール男子日本代表の強化にある。 オーストラリア代表、タイ代表、そしてカナダから『Vancouver Goalball Club』を招 […]

パラ陸上・中山和美が横浜の小学校で「いのちの授業」

パラ陸上・中山和美が横浜の小学校で「いのちの授業」

10月にジャカルタで開催されたインドネシア2018アジアパラ競技大会・陸上(車いすT53)400メートル・800メートル・1500メートルで3つの銀メダルを獲得した中山和美が、12月17日横浜市立鉄小学校(青葉区・森愛子校長)を訪問。小学校6年生の児童30名に「いのちの授業」を行った。 『人とかかわり 創り出す 笑顔あ […]

映像:車いすフェンシング・ワールドカップ京都、注目の試合〜フルーレB/べべVS杏理〜

映像:車いすフェンシング・ワールドカップ京都、注目の試合〜フルーレB/べべVS杏理〜

Semifinal of Foil Female Bebe Vs Anri from Manto Nakamura on Vimeo. 京都市での車いすフェンシングのワールドカップが12月16日、団体戦を最後に4日間の熱戦の幕を閉じた。2020東京パラリンピック開催国に27カ国から178名の選手、100名の競技スタッフ […]

日本初、車いすフェンシング・ワールドカップ。京都で始まる!

日本初、車いすフェンシング・ワールドカップ。京都で始まる!

車いすフェンシングの日本で初めてになるワールドカップが、12月13日より京都市で始まった。大会は2020東京パラリンピック出場資格取得に向けた大会で、30カ国から200名のトップ選手が出場している。主催はパラリンピックの車いすや義足のスポーツの国際組織、IWAS (International Wheelchair an […]

若者の加入でベテラン選手も初心に――シッティングバレーの伝道者『千葉パイレーツ/ピーナッツ』

若者の加入でベテラン選手も初心に――シッティングバレーの伝道者『千葉パイレーツ/ピーナッツ』

障がいの有無にかかわらず“日本一”を目指して 12月8日、9日、武蔵野総合体育館にて『第22回シッティングバレーボール日本選手権』が開催された。男子、女子、それぞれリングリーグとトーナメントで日本一を争った。 シッティングバレーボールは、床に臀部(=上半身)の一部が常に接触した状態で行うバレーボール。1956年に、傷痍 […]

第35回日本パラ水泳選手権大会/開会式でアジアパラ日本代表選手 写真提供:日本身体障がい者水泳連盟

戦士はまだ羽根を休めないのか?〜2018最終レース・日本パラ水泳選手権〜

12月1日と2日に、三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿水泳場(三重県鈴鹿市)でワールドパラ水泳連盟(WPS)公認・第35回日本パラ水泳選手権大会が開催された。全国各地から障害によるクラス分けと標準記録をクリアした523名(身体399名・知的124名)のスイマーが出場。参加者数は前年を上まわった。 この大会は毎年の最後に行われ […]