最新記事

フィニッシュする秦由加子(マーズフラッグ・ 稲毛インター/千葉)PTS2 写真・内田和稔

お台場で初パラトライアスロン。世界トップに挑む7選手が実演!

2020東京パラリンピックの種目「パラトライアスロン」のデモンストレーションが3年後の会場・お台場海浜公園(東京都港区)で10月15日(日)初めて行われ、地元東京の観客を前にその姿が披露された。 
第23回日本トライアスロン選手権(JTU日本トライアスロン連合主催)の男女レースの前に、パラリンピック本番より短いスーパー […]

10月10日、日本体育大学1年生の3名が2020パラリンピックに陸上競技での出場を目指していることがわかった。左から、兔澤明美、山手勇一、鈴木雄大

3選手が日体大で2020へ挑戦。12月アジアユースで日本代表めざす!

10月10日、横浜市青葉区にある日本体育大学健志台キャンパスで、東京都と株式会社WOWOWの連携で特別授業「PARA-SPORTS ACADEMY」が、体育学部社会体育学科(担当:野村一路教授)の学生に向けて行われた。聴講後、2020東京パラリンピックを目指す日体大生に会うことができた。 3人は、それぞれのきっかけでパ […]

10月4日朝、成田空港に集合した日本代表チーム

パラアイスホッケー日本代表が平昌最終予選へ出発。須藤、絶対決める。

来年の平昌パラリンピック出場をかけた最終予選を前に、パラアイスホッケー日本代表は、4日午前11時10分、エステルスンド(スウェーデン)に向け成田空港から出発した。 今大会は、日本(世界ランク7位)、スウェーデン(同9位)、ドイツ(同10位)、チェコ(同6位)、スロバキア(同8位)の5ヶ国が総当たり戦で残り3枠の出場権を […]

9月22日から3日間の国内強化合宿が行われた。最終予選前最後の国内合宿となる

平昌への切符掴めるか。パラアイスホッケー最終予選まもなく開幕

素早いスピードと激しいボディアタック。「氷上の格闘技」と呼ばれる熱い戦いに魅了される、パラアイスホッケー(旧称:アイススレッジホッケー)。その日本代表チームが、いま、正念場を迎えている。 平昌パラリンピック出場最終予選が10月8日〜14日にエステルスンド(スウェーデン)で開催される。スウェーデン、ドイツ、チェコ、日本、 […]

9月26日6時20分過ぎに帰国した選手たち、成田空港で

地震で世界選手権延期。メキシコからパラスイム日本代表が帰国

今月19日にメキシコで発生・死者300人以上になるマグニチュード7.1の地震により、IPC(国際パラリンピック委員会)とメキシコシティが主催で30日から開催される予定だった世界選手権(パラ水泳・パラパワーリフティング)は、20日、延期が発表された。 事前合宿のため現地入りしていたパラ水泳12名の選手(肢体不自由・視覚障 […]

最先端のバリアフリーとは? 千寿青葉中学校で星加良司さんが講演

最先端のバリアフリーとは? 千寿青葉中学校で星加良司さんが講演

9月7日、足立区立 千寿青葉中学校(東京都・鈴木幸雄校長)で、2020パラリンピックを契機とした人権啓発授業「心のバリアフリー教室」が行われ、中学1年生126人の生徒が参加、当事者体験と心のバリアフリーについての講演が、東京法務局とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会が計画し、同校の先生らとともに行われた。 この […]