最新記事

ABU賞の授賞式で。左から、ディレクター:中島悠、チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:大野丈晴 (写真提供:WOWOW)

「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」シーズン2(ベアトリーチェ・ヴィオ)がABU賞 テレビ・スポーツ部門 最優秀賞を受賞

IPC(国際パラリンピック委員会)と株式会社WOWOW(東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が共同制作した「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズWHO I AM」シーズン2より、【パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア/車いすフェンシング)】が、ABU賞 テレ […]

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

10月11日アジアパラ2018インドネシア五日目、日本代表チームは金メダル25個を含む114個のメダルを獲得した。うち水泳では7日からの4日間で金メダル16個、銀メダル21個、銅メダル17個の合計54個。金メダル数では中国に次ぐ2位、合計メダル数では参加国27カ国中トップで前半を終えた。 快進撃を続ける日本水泳チーム。 […]

今井大湧。

勝利のカギは”コーラ”にあり。~2018アジアパラ・バドミントン今井大湧

「インドネシア2018アジアパラ競技大会」は9日、バドミントン男子の今井大湧(SU5/日本体育大学)がシングルス初戦に出場した。 今井は去年主将を務めたアジアユースパラ(ドバイ)で男子シングルス優勝、先月末の「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018」でもシングルス初優勝を果たした20歳の期待の […]

日本女子ゴールボール円陣

女子ゴールボール無傷で準決勝へ〜2018アジアパラ・ゴールボール

10月10日(水)現地時間9時、BALAI KARTINIにてゴールボール女子は、予選全勝をかけ地元インドネシアと対戦。 相手に主導権は握らせずに若杉遥が5得点、高田朋枝は3得点、天摩由貴が2得点と合計10-0のコールドゲームで準決勝進出を決めた。 センターを務めた天摩は自分のプレーに関して、「センターからレフトへ、セ […]

(No.5山口凌河選手・NO.9川嶋悠太選手)

ゴールボール男子予選突破〜2018アジアパラ・ゴールボール

10月10日(水)10時にBALAI KARTINIにてゴールボール男子は、準決勝進出をかけカタールと対戦した。 前半は、山口凌河が4得点、安藤勇二の1得点があり、4-2で折り返す。 観客席には一試合目を終えた女子日本代表も駆けつけた。観客席からは日本コールが沸き起こり、女子日本代表と観客が一体となり、その声援は男子日 […]

地元インドネシアのメディアに囲まれ記念写真。国内でのパラ水泳の人気も上がってきているようだ

日本 VS 地元インドネシア、白熱の対決!~2018アジアパラ・水泳女子100m平泳ぎ

水泳会場が、割れんばかりの歓声に包まれた。 8日に行われた知的障害クラス・女子100m平泳ぎ(SB14)決勝。 接戦を制したのは地元・インドネシアのIndriani Syuci、2位は日本の出口舞(宮前ドルフィン)。実に0.02秒差の接戦だった。 水泳インドネシア代表・金第1号! スタンドだけでなく、地元マスコミも白熱 […]