最新記事

旭川らしさへのこだわりをめぐって 〜IPCクロカン・ワールドカップ〜

旭川らしさへのこだわりをめぐって 〜IPCクロカン・ワールドカップ〜

 アジア初となった旭川でのIPC(国際パラリンピック委員会)クロスカントリースキーワールドカップは、2月19日に7日間の全日程を無事に終了。閉会式後に行なわれた、さよならパーティでは、各国の選手、競技スタッフから、組織委員会、ボランティアに対して大きな感謝の言葉が述べられた。  大会の主催は、地元のスキー、障害者スポー […]

IPCクロカン・ワールドカップ旭川大会、全競技終了。新田「市民の力で大会ができた」

IPCクロカン・ワールドカップ旭川大会、全競技終了。新田「市民の力で大会ができた」

2月19日、IPCクロスカントリースキーワールドカップ(第2戦・旭川)は、5日目を迎え、男子ミドル・ディスタンス(10km)フリー、女子ショート・ディスタンス(5km)フリーが行なわれ、すべての競技が終了した。 ソチパラリンピックから約1年が過ぎ、参加選手は3年後の2018年ピョンチャン(韓国)に向けスタートのシーズン […]

スプリント・フリーで熱戦。ロシアのブラディスラフ3冠!

スプリント・フリーで熱戦。ロシアのブラディスラフ3冠!

2月18日、国際パラリンピック委員会(IPC)主催・クロスカントリースキーワールドカップ(第2戦・旭川)は、競技4日目を迎え、スプリント・フリー(1km)のレースが行なわれた。 フリー走行は、スケートのように足を斜め前に滑らせて走る技術で、スプリント1kmでは、全クラスが同じ距離を走るが、座位(シッティング)と、立位( […]

クラシカル・ロングで、アメリカのソールが3冠。カナダのマッキーバーは快走・堂々1位!友里香3日連続メダル!新田3位!

クラシカル・ロングで、アメリカのソールが3冠。カナダのマッキーバーは快走・堂々1位!友里香3日連続メダル!新田3位!

2月17日、国際パラリンピック委員会(IPC)主催・クロスカントリースキーワールドカップ(第2戦・旭川)、競技3日目を迎え、クラシカル・ロングのレースが行なわれた。 競技は、クラシカル種目の最終種目・ロングディスタンス。男子スタンディングクラスと視覚障害(以下ブラインド)は20km(6×3.3km)、シッティ […]

スプリントで新田佳浩、阿部友里香が2位!

スプリントで新田佳浩、阿部友里香が2位!

2月15日「2015 IPC クロスカントリースキー ワールドカップ旭川大会」2日目は、クラシカル・スプリント(1km)が行なわれ、日本からは19人の選手が出場。スプリントは、予選・準決勝・決勝とカテゴリーごとに3レースをおこないながら勝ち上がって行く。座位、視覚障害、スタンディングの3カテゴリーの距離は同じだが、座位 […]

IPCクロスカントリー、旭川で開幕!

IPCクロスカントリー、旭川で開幕!

2月14日、国際パラリンピック委員会(IPC)主催・クロスカントリースキーワールドカップ(第2戦)が、北海道旭川市にある、富沢クロスカントリースキーコースで開幕した。長野以来、クロスカントリースキーで日本・アジア初のワールドカップとなった。 初日の今日は、9カ国から53名の選手が出場した。クラシカル・ミドル;座位=女子 […]