最新記事

応援席で体験試合を楽しむ選手たちを見つめる平野誠樹Yokohama Crackers監督

サッカーへの想い、2020東京へとどけ! 〜電動車いすサッカーイベントで競技の楽しさを伝える!〜

障害者のサッカーといえば、ブラインドサッカー、CP(脳性麻痺)サッカー、アンプティ(義足)サッカーなど、さまざまな挑戦が行なわれている。足を使わず、電動車いすの操作で行なうサッカーは、重度の障害がある人でも、男女、障害の種類を問わず、さらに電動車いすに乗れば、障害のない人も一緒に楽しむことができる。 パラフォトの200 […]

昨年、JPC副会長とIPC理事に就任した山脇康氏。2月9日、旭川冬まつり会場のステージで。

旭川から世界へ!その2 〜2015年、旭川がIPCワールドカップ・ホストタウンに!〜

来シーズンの旭川で、IPCクロスカントリースキー・ワールドカップが行なわれることがほぼ確定している。荒井監督の熱意からになる大会だが、1年前となる今まだあまり知られていない。ソチが目前のこの時期、話題はソチに集中しているが、来年はジャパンパラ・クロスカントリースキーと同時開催で、ここ旭川でワールドカップが開催され、世界 […]

旭川から世界へ!その1 〜旭川の冬まつり会場で、ニッポンマン大壮行会!〜

旭川から世界へ!その1 〜旭川の冬まつり会場で、ニッポンマン大壮行会!〜

2日間のジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会最終日(2月9日)、表彰式・閉会式のあと、旭川のパラリンピック応援団長・ニッポンマンによる大壮行会が行なわれ、選手・スタッフへ、ソチへと願いのこもったエールが発信された。 雪の降りしきる夕刻、旭川恒例「冬まつり」の会場には、観光で訪れた人々も集まり、夜空に日の丸やニッ […]

陸上チャンピオンの雪上の楽しみ

陸上チャンピオンの雪上の楽しみ

パラリンピック車いす陸上で世界的な活躍をみせてくれる樋口政幸(35歳・バリストライド)は、雪国育ち。雪に親しみ、シットスキーをする時も自然と笑顔になるようだ。楽しみの一環として、昨シーズンより2度目のジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会に挑戦。2月8日から富沢クロスカントリースキーコース(旭川市)で行なわれたレ […]

2月9日、男子スプリント立位の表彰式。1位・新田佳浩、2位・佐藤圭一、3位・戸津勝由

日本代表、ソチ前のお披露目! ジャパンパラ・クロスカントリー終わる!

北海道旭川市の富沢クロスカントリースキーコースで行なわれたジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会・最終日(9日)のレースは、全クラス(立位・座位・視覚障害・聴覚障害・知的障害)の男女が、同じ0.8kmのスプリントレースに出場した。 結果は、ソチパラリンピック日本代表、日立ソリューションズの新田佳浩・太田渉子・座位 […]

久保恒造

ジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会、旭川で開幕! ソチ日本代表、シーズン合宿の成果を披露!

2月8日、北海道旭川市にある富沢クロスカントリースキーコースで、ジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会が行なわれた。オリンピック、パラリンピックともにクロカン日本代表の練習地として親しまれるこの会場には、ソチパラリンピック日本代表チームを含む選手のほか、地元ファンらが多く訪れていた。 レース・スタート時の気温マイ […]