最新記事

かながわパラスポーツフェスタ車椅子バスケット体験

地域でパラスポーツ体験! 〜第3回・かながわパラスポーツフェスタ〜

 11月21日、横浜市立大学(横浜市金沢区)の体育館で「第3回かながわパラスポーツフェスタ」が開催され、地域の人々が休日の午後を楽しんだ。このイベントは、神奈川県のオリンピック・パラリンピックグループが企画し、神奈川県が主催、横浜市のほか、第一生命などが共催して開催された。  最初に講演が行なわれ、今回からオリンピアン […]

障害・パラリンピック・将来へ夢をかなえるために。河合純一が横浜の北山田小学校を訪問

障害・パラリンピック・将来へ夢をかなえるために。河合純一が横浜の北山田小学校を訪問

 11月17日、横浜市都筑区にある、横浜市立北山田小学校(松井佳奈子校長)に、パラリンピック水泳で、金メダルを含む21個のメダルを獲得した全盲のスイマー・河合純一選手が訪問。体育館に集まった1年生から6年生の児童約450人にむけ、障害やパラリンピックのこと、将来、どうやったら夢をかなえられるかなど話した。  同校の創立 […]

1−0で中国を下し、リオ出場権を勝ちとったゴールボール女子日本代表。左から、安達阿記子、若杉遥、浦田理恵 写真提供:一般社団法人日本ゴールボール協会、撮影/市川亮

ゴールボール女子がリオ出場権獲得!

 リオパラリンピック出場権を懸けた、ゴールボールのアジア・パシフィック選手権が11月12日、杭州(中国)で行なわれ、前回ロンドン大会で金メダルの日本女子が、中国を1―0で下し、リオ出場権を獲得した。  ゴールボールは、視覚障害のチームスポーツで、バレーボールと同じ広さのコートの左右にゴールが設置され、3人1組で鈴の入っ […]

オーストラリアチーム

宮城でのパラスイム日本選手権終了。初のIPC公認、海外から4カ国が参加

 第32回日本身体障がい者水泳選手権大会が11月7〜8日の2日間にかけて、選手約400名、スタッフ・ボランティア約230名により開催された。  会場は、東日本大震災で被災した宮城県総合運動公園グランディ・21のプールで、同施設のメインアリーナは震災で亡くなった方の遺体安置所だった。以降、復興を祈願した有名アーティストの […]

タンデムバイクで走る、中澤隆(後ろ)とガイドの高瀬誠(前)

タンデムバイクOK!、横浜シーサイド・パラトライアスロン開催!

 10月25日(日)、第6回横浜シーサイドトライアスロンが横浜八景島シーパラダイスで開催された。参加者は約860名。同大会では2年前から障害のあるアスリートが参加できるが、当初はスイム・ランのみのアクアスロンだった。今回はじめて、スイム(0.4KM)バイク(20KM)ラン(5KM)による3種目でのトライアスロンが行なわ […]

ターンやゴールを合図するタッピング棒の説明をする木村選手

木村敬一が横浜市の一本松小学校を訪問 〜横浜で小学生とパラリンピアンの交流〜

 10月21日、横浜市西区にある横浜市立一本松小学校(小堀敏明校長)に、ロンドンパラリンピック水泳・銀メダリストで全盲の木村敬一選手が訪問。木村選手は体育館に集まった1年生から6年生の児童約300人と保護者にむけ、まず生い立ちや、日頃の練習、北京での初めてのパラリンピックなど、ロンドンパラリンピックでメダルを獲得するま […]