最新記事

トレーニング中止の知らせを受け、緊張から解放された狩野亮選手(右)と、チーム最年少の村岡桃佳選手(左)。村岡選手は滑降には出場しない。

アルペン滑降公開練習3本目は中止

本日予定されていたアルペンスキー滑降の公式練習3本目は、午前7時を過ぎた段階で早々に中止が決まった。天候は曇りで、それほど悪くはない。中止の理由は、コースコンディションにあった。 現在のソチは非常に気温が高く、山の上でも日中は10度を超える。もともと少なかった雪が、この暖かさで日に日に減っている上、残った雪もグサグサの […]

聖火リレーのランナーを努める、佐藤真海。ローザフートルで

2020年へつなぐ聖火リレーで、日本選手団を応援!

開会式を明日に迎えた3月6日、現地時間午後5時30ごろ。片足が義足の陸上選手・走り幅跳びの佐藤真海が、アルペンセンターに近いローザフートルの集落で聖火ランナーをつとめた。 佐藤は、アテネ大会よりパラリンピックに出場、北京、ロンドンと3大会連続出場を果たした。昨年は、2020年・東京オリンピック・パラリンピック招致活動で […]

3月4日、ソチパラリンピック選手村入村式

いま、スポーツに、選手にできることを 〜ソチパラリンピック入村式で〜

4日15時(現地時間)、日本選手団を含む各国の選手団の入村式が行なわれた。ソチパラリンピックの開会式を前に、プーチン大統領は、ロシアのウクライナ南部にあるクリミア半島への軍事介入を発表。欧米諸国が議員の派遣を取りやめ、ウクライナ選手団の出場も取りやめとなるニュースがつづいている。そんななかで、現地では、開会式前ののどか […]

越智貴雄カメラマンと久保恒造選手

カメラマン越智貴雄「華麗な久保恒造の滑りに注目!」

愛着のある眼差しで、パラリンピックを10年以上取材するカメラマン・越智貴雄氏は、ソチパラリンピックで久保恒造を撮影する予定だ。 直感でイイと思った。撮りたくなるものがあった。 「久保に初めて会ったのは2004年、オーストラリアの陸上大会・サマーダウン・アンダーに出場した時のことでした。私は、スイスのハインツ・フライとか […]

日本選手団最終陣営、ソチへ向けて出発!

日本選手団最終陣営、ソチへ向けて出発!

2月28日、朝7時15分。日本からソチパラリンピックに出場するノルディックスキー、アルペンスキーの日本選手団、選手・スタッフが成田空港に集合。ソチへ行く最終陣営が日本を離れた。選手団はモスクワに夕方到着、一夜明けて3月1日に現地いりする。 日本選手団の先発陣営は、イタリアでのワールドカップ最終戦、合宿を経てソチへと移動 […]

クラウドファウンディングへのご協力のお願い

クラウドファウンディングへのご協力のお願い

オリンピックが終わり、パラリンピックを待つ時間となりました。
開催地ソチのすぐ近く、ウクライナでは市民どうしの紛争により、首都キエフで多くのウクライナ人が命を落としました。パラリンピックと戦争は無縁のことではなく心をいためている関係者、観戦者も多いことと思います。
私たちの活動は、パラリンピック、障害者のスポーツを取材し、ファンのメディアとして14年になります。一般のファンに近い自由な視点での取材費のご支援をお願いしてまいりましたが、目標達成までの期間があとわずかとなりました。

マスメディアにない自由な視点で取材し楽しさを伝えるファンのメディアの活動を継続していきたい。どうかお力をお貸しください。