最新記事

800M・T54のレース。ほとんどスピードを落とさず一気にゴールへ向かう集団。

車いす陸上T54・800Mゴール「あれっ!樋口選手がいない!?」

仁川2014アジアパラ競技大会もあと2日となった、メインスタジアム。 日本を代表するトラックレーサーの走りを伝えたいと、800Mのレースが行なわれる陸上競技場を訪れた。 写真は、T54クラスのゴールシーン。800Mでは世 […]

男子100M背泳ぎS7で江島大佑が金メダル

木村K、江島が金! 水泳いよいよ終盤へ

10月22日、仁川2014アジアパラ・水泳競技4日目。最大6種目など、多くの種目にエントリーした選手が多いなか、すでに疲労が見え隠れする時期を迎えている。ここをどう過ごすかも、リオ、東京をめざす若いスイマーには貴重な時間 […]

藤原大輔(22歳、高知県出身、筑波大学3年)SL3

パラバドミントン・藤原大輔 未来への挑戦

「バドミントン」が2020年・東京パラリンピックの種目にきまった。アジアで人気の高いスポーツで、東京では多くのアジア人選手の活躍が期待できそうだ。パラリンピック種目でなかったことや、世界選手権へは費用がかかるためアジアか […]

個人エントリー6種目で金3・銀3を獲得した山田拓朗。最終の400M自由形の泳ぎ 写真:越智貴雄

山拓、エントリー6種目で金3・銀3で終了。水上真衣、銀メダル!

10月21日、仁川2014アジアパラ・水泳競技3日目。 女子の河村有香(40歳・クラマ)が100M自由形S5で金メダルを獲得、ユースから伸びてきた水上真衣(20歳・東京都)が100M平泳ぎSB8で銀メダルを獲得。男子は、 […]

水泳2日目、金メダル5追加!自己ベスト更新へむけ熱戦が繰り広げられる

水泳2日目、金メダル5追加!自己ベスト更新へむけ熱戦が繰り広げられる

仁川2014アジアパラ・水泳競技2日目。出発前、「リオ、東京への通過点」「メダルは当たり前、自己ベスト更新できるかどうか」「日本の目標(全体で120個)に大幅貢献」とみられていた今大会だが、全体的に出場者が増え、新たに力 […]

夕方から、トーチリレーの聖火を掲げたトーチセレモニーが市街の会場で行なわれた。アートカルチャーセンター

アジアでのパラスポーツを観戦しよう!

10月17日、夕方。市庁舎に近いアートカルチャーセンターでは、トーチセレモニーが行なわれていた。来ていたのは、地元の人々で約700名ほど。障がいのある参加者もいた。韓国語のみのイベントで、残念ながら、海外からの参加者はほ […]