車いすマラソン

スタート地点を準備するボランティア

優勝は樋口! アイススレッジホッケー日本代表・銀メダリストが挑戦! 〜日産カップ追浜車いすマラソン〜

 晴天の週末、追浜の街で「日産カップ追浜チャンピオンシップ」が行なわれ、全国から車いす陸上の選手が集まった。このイベントは、日産追浜工場と追浜の街を舞台に2000年にスタート。毎年恒例の行事として地域に根づいている。   […]

時折小雨のふるあいにくの天候のなか、フルマラソンは国内外から81選手(うち女子7名)が午前11時に一斉にスタート。後方には3分後にスタート予定のハーフに出走する157選手(同16名)が待機中

伝統の「大分国際車いすマラソン」から、「2020東京」に向けて学びたいこと

■世界最高レベルの戦いから、自分との戦いまで  11月9日(日)、大分市で「第34回大分国際車いすマラソン大会」が開催され、フルマラソン男子はスイスのマルセル・フグ選手が1時間21分40秒で総合優勝を果たし、大会5連覇を […]