ありがとう、レーム! 義足のロングジャンパーが日本で世界記録更新! ジャパンパラ陸上競技大会閉幕

by


日本最高峰のパラ陸上大会に、今年初めて海外からパラリンピックのトップアスリートが招待されて来日。跳躍種目を中心に、2020東京パラリンピックを先取りする2日間を多くの人々が体験した。

8メートル70の世界記録を更新したマルクス・レーム(ドイツ) 写真・水口之孝

8メートル47の世界記録を更新したマルクス・レーム(ドイツ) 写真・水口之孝

マルクス・レームが大ジャンプ。T64走り幅跳び世界新記録!

正田醤油スタジアム群馬で開催された、WPA(ワールドパラアスレチックス)公認・2018ジャパンパラ陸上競技大会、最終日の7月8日、走り幅跳びT64(=ひざ下切断)でパラリンピック金メダリスト、マルクス・レーム(ドイツ)が自身の記録を3年ぶりに更新して8メートル47の世界新記録を樹立した。


最終6回目の跳躍、追い風1,5での世界記録だった。
「ずっと取り組んできたことが実現して嬉しい。日本の皆さんの声援も素晴らしく、名前を呼び、手拍子をしてくれ励みとすることができた」と、レームは感想を話していた。

8メートル47の世界記録を更新したマルクス・レーム(ドイツ)の跳躍 写真・水口之孝

8メートル47の世界記録を更新したマルクス・レーム(ドイツ)の跳躍 写真・水口之孝

2015年・ドーハでのパラ陸上世界選手権で、レームは8メートル40の世界記録を樹立。この時点で、ロンドンオリンピック(2012年)金メダルの記録を9センチ上回ったロングジャンパーとして話題を集めた。オリンピック出場に向けて、義足での踏切に優位性がないことを証明する努力をしている。

オリンピック出場に向けてレームは
「パラリンピアンとしての誇りがあるが、オリンピックで戦うことは最大の目標。より多くの人に、パラリンピアンがオリンピアンを追い抜く可能性を証明したい」2020年は、オリンピックの世界記録8メートル50も視野にオリンピック出場の夢を語ってくれた。

<目次>
P1 マルクス・レームが大ジャンプ。男子T64走り幅跳び世界新記録!
P2 男子T63走り幅跳び。山本篤ライバルとの機会大事に
P3 女子T64マルティナ・カイローニの競技と想い
P4 南米の男子F34マウリシオ・バレンシア「自分は強いと唱えよう」
P5 2020開催にむかうパラ陸上。新世代の選手増える期待!
P6 写真ギャラリー(作成中)

1 2 3 4 5 6