東京

感想インタビュー編:子どもプロデュースのボッチャ大会「WHO I AM HOUSE」で開催!

感想インタビュー編:子どもプロデュースのボッチャ大会「WHO I AM HOUSE」で開催!

東京オリンピック・パラリンピックに向けて豊洲(東京都)に建てられた「WHO I AM HOUSE」で、子どもたちが企画したボッチャ大会「TOMA CUP」(主催:一般社団法人ZEN)が開催され総勢50名が参加した。参加体 […]

東京オリンピック・パラリンピックに向けて豊洲(東京都)に建てられた「WHO I AM HOUSE」

参加体験記:子どもプロデュースのボッチャイベント「WHO I AM HOUSE」で開催!

11月3日、東京オリンピック・パラリンピックに向けて豊洲(東京都)に建てられた「WHO I AM HOUSE」にて、子どもたちが企画したボッチャ大会「TOMA CUP」が開催され総勢50名が参加、笑顔が溢れるスポーツ交流 […]

9月の日本選手権で試技に挑むなかで、より遠くを見据えしばし佇む若生。 写真・小川和行

視覚障害やり投げ日本代表候補・若生裕太がめざす東京の夢舞台。「目標は60メートル」11月の関東大会で内定奪取へ!

パラ陸上やり投げ(F12/視覚障害)の日本代表候補・日本記録保持者の若生裕太は、今年の4月に日本大学を卒業。甲子園を目指した野球児はいま陸上競技で東京パラリンピックを目指している。 新たなスタートを切った直後の新型コロナ […]

試合中の豊島英(宮城MAX/(株)WOWOW)昨年撮影 写真・秋冨哲生

車いすバスケ男子代表、合宿は「勝ち切る力」を養う時間

 車いすバスケットボール男子日本代表の京谷和幸ヘッドコーチと豊島英キャプテンが8日、記者会見に出席し、コロナ禍での合宿開催や東京大会に向けての思いを語った。  今年7月から合宿を再開した車いすバスケットボール男子日本代表 […]

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

厳重なコロナウイルス感染対策のなか、9月5日より2日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、日本パラ陸上競技選手権が開催され、日本で唯一の女子両足大腿(だいたい)義足のスプリンター、湯口英理菜(日本体育大学)は、200mT […]

6日、1500mT52で大会新記録を更新したマルチメダリスト の佐藤友祈 撮影・秋冨哲生

記録更新は、選手たちからの「ありがとう!」~第31回日本パラ陸上競技選手権大会が閉幕~

 「第31回日本パラ陸上競技選手権大会」(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)は9月6日、2日間の日程を終えた。東京パラリンピックの延期が決定されてから初めてとなる、全国規模の大会。コロナ対策が徹底される中、開催の成果やモデ […]