Archives

200Mメドレーリレー28pt決勝で1位(2分50秒78)となった、峰村PSS東京で第二泳者(平泳ぎ・SM10)を努めた池愛里

2020へ全国から450名が出場。さらに選手大募集! 〜日本身体障がい者水泳選手権〜

11月8日、全国の障害(機能障害、視覚障害、知的障害、聴覚障害)のあるスイマー450人が東京辰巳国際水泳場に集まり、第31回日本身体障がい者水泳選手権が2日間の日程で行なわれた。毎年シーズン最後ともいえるこの時期に行なわれているが、50年前の11月8日は、東京パラリンピックの開会式が行なわれた記念すべき日でもあった。 […]

仁川の想いリオへつなごう! アジパラ水泳日程終了

仁川の想いリオへつなごう! アジパラ水泳日程終了

10月23日、仁川2014アジアパラ・水泳競技5日目・最終日は、キャプテン・木村敬一が100Mバタフライで金メダルを獲得。木村は「4泳法すべてでメダル」という快挙をなし遂げた。 「ベストを更新したかったが、記録としてはだいぶ伸び悩んだものでよくなかった。キャプテンとして最低限のことはしたつもりだが、水泳チーム目標のメダ […]

男子100M背泳ぎS7で江島大佑が金メダル

木村K、江島が金! 水泳いよいよ終盤へ

10月22日、仁川2014アジアパラ・水泳競技4日目。最大6種目など、多くの種目にエントリーした選手が多いなか、すでに疲労が見え隠れする時期を迎えている。ここをどう過ごすかも、リオ、東京をめざす若いスイマーには貴重な時間の体験となる。 男子は、午前中から決勝があり、木村敬一が100M平泳ぎS11で金、鈴木孝幸が50M自 […]

個人エントリー6種目で金3・銀3を獲得した山田拓朗。最終の400M自由形の泳ぎ 写真:越智貴雄

山拓、エントリー6種目で金3・銀3で終了。水上真衣、銀メダル!

10月21日、仁川2014アジアパラ・水泳競技3日目。 女子の河村有香(40歳・クラマ)が100M自由形S5で金メダルを獲得、ユースから伸びてきた水上真衣(20歳・東京都)が100M平泳ぎSB8で銀メダルを獲得。男子は、山田拓朗が個人エントリー6種目を金メダル3・銀メダル3で終えた。 水上は、2009年アジアユースパラ […]

水泳2日目、金メダル5追加!自己ベスト更新へむけ熱戦が繰り広げられる

水泳2日目、金メダル5追加!自己ベスト更新へむけ熱戦が繰り広げられる

仁川2014アジアパラ・水泳競技2日目。出発前、「リオ、東京への通過点」「メダルは当たり前、自己ベスト更新できるかどうか」「日本の目標(全体で120個)に大幅貢献」とみられていた今大会だが、全体的に出場者が増え、新たに力のある選手も増えている。日本チームにとっても必ずしも余裕があるとは言えないようだ。 男子は、小山恭輔 […]

男子50M自由形S11を終え金メダルの木村敬一

水泳は金メダル6スタート! 木村潤平が初金メダル!

10月19日、仁川アジアパラ・水泳競技は初日を迎え、アジアではパラ水泳強豪国として中国につぐ金メダル6個を含む12個のメダル獲得でスタートした。 午前中に、日本のエース・木村敬一(24歳・東京ガス/日本大学)が男子50M自由形S11で優勝。 午後は、200M個人メドレーSM9でベテラン山田拓朗(23歳・NTTドコモ)が […]