取材者の視点

4月4日、根岸森林公園にて行われたインタビュー 写真・山下元気

引退をきめたパラスイマー・鎌田美希の夢に向き合う

今年3月。世界トップを目指すパラスイマーにとって重要な東京2020パラリンピック日本代表の選考会「パラ水泳春季記録会」がコロナ対策のため中止となった。 この大会を最後に、パラ水泳を引退することを決めていた鎌田美希は引退の […]

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

厳重なコロナウイルス感染対策のなか、9月5日より2日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、日本パラ陸上競技選手権が開催され、日本で唯一の女子両足大腿(だいたい)義足のスプリンター、湯口英理菜(日本体育大学)は、200mT […]

パラ陸上が再始動! 国内トップ選手たちが快走を披露 〜第31回日本パラ陸上競技選手権大会が開幕〜

パラ陸上が再始動! 国内トップ選手たちが快走を披露 〜第31回日本パラ陸上競技選手権大会が開幕〜

 半年ぶりにパラスポーツの日本選手権が帰ってきた。パラ陸上競技の日本一を目指す「第31回日本パラ陸上競技選手権大会」が5日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(埼玉県)で開幕した。国内のトップ選手が一同に集い、2日間に渡りト […]

Yokohama Crackers 監督・平野誠樹

それでも生きていく

人類は想像を絶する現実を前にただただ打ちのめされる。 ある者は現実を直視せず今まで通りを貫こうとする。 ある者は現実を受け入れ、適応しようとベストを尽くす。 人によっては怒りや不安に押しつぶされ路頭に迷う。 様々な考えは […]

男子で優勝したアメリカチーム。センターは、ジョシュア・ウエルボーン (写真・中村 Manto 真人)

ゴールボール、ジャパン銀メダル。東京パラめざす4カ国がバンクーバーで対戦!

3月13〜14日(現地時間)、バンクーバー(カナダ)で「2020 バンクーバー ゴールボール グランドスラム大会」が行われ、ホスト側・カナダ代表と地元のクラブチーム(バンクーバー、BC州、ケベック州のクラブ)と、対戦相手 […]

今年2月、愛用のやりを持って、ホームの日本大学のグラウンドに立つ若生裕太。筆者撮影

視覚障害やり投げ若生裕太の挑戦。仲間とめざす、パラリンピックの切符のゆくえは・・

静かに活躍の時を待つアスリートがいる。 パラ陸上男子F12(視覚障害)クラス、やり投げの若生裕太(わこうゆうた)。 競技歴は2年未満だが、日本記録を保持する。世界ランキングも5位の有望株だ。 体育教師を目指して勉学に励ん […]