Archives

リオパラリンピックへチーム最年少17歳で出場した鳥海連志

車いすバスケ・強豪国とのワールドチャレンジカップ東京で開幕!

8月31日、東京体育館(東京都渋谷区)で車いすバスケットボールの「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP2017」が開幕した。強豪国を招聘し、2020東京パラリンピックに向け3年連続で開催される予定である。 開 […]

パラスポーツ体験は地元で行われているパラスポーツを体験した

パラリンピックムーブメントに新たな風!旭川で「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会

パラリンピックムーブメントに新たな動きがあった。8月1日(火)・2日(水)旭川市(北海道)で、IPC(国際パラリンピック委員会)公認パラリンピック教育教材「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会が開催された。市民 […]

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

7月5日、アジア地域のパラスポーツ最高峰の国際大会を担う、アジアパラリンピック委員会(APC/マジット・ラシェッド会長・本部:アブダビ)の定時理事会が京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催された。2日間にわたる会議の1日 […]

パラリンピック教材「I'm  POSSIBLE 国際版」ディレクター、IPC教育委員会ニック・フラー委員長

IPC教育委員長ニック・フラー氏、日本発のパラリンピック教育に期待!

IPC(国際パラリンピック委員会)教育委員長で2020東京に向けたパラリンピック教材「I’m POSSIBLE(アイム ポッシブル)国際版」の開発に携わるニック・フラー氏が来日、4月27日(木)パラリンピック教育の可能性 […]

公開授業終了。6年1組の児童とプロジェクトチーム

「I’m POSSIBLE」パラリンピックの魅力を伝える、初の公開授業がスタート!

4月20日(火)東京都東久留米市立神宝小学校6年1組で、IPC(国際パラリンピック委員会)公認のパラリンピック教材「I’m POSSIBLE(アイム・ポッシブル)日本語版」による初の公開授業が行われ、特別支援学級の子供を […]

記者会見で。左から、中森邦男(副団長)、櫻井誠一(副団長)、大槻洋也(団長)、藤本怜央(主将)、上地結衣(旗手)

主将は藤本怜央、旗手は上地結衣。リオパラリンピック日本代表選手団結団式・壮行会

リオパラリンピック日本代表選手団の結団式、壮行会、記者会見が8月2日、東京都内のホテルで行われた。 総勢225名(選手127名、競技パートナー15名、役員83名)で構成されたリオパラリンピック日本代表選手団が紹介され、団 […]