今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

厳重なコロナウイルス感染対策のなか、9月5日より2日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、日本パラ陸上競技選手権が開催され、日本で唯一の女子両足大腿(だいたい)義足のスプリンター、湯口英理菜(日本体育大学)は、200mT61を、41秒27で走り自身の世界記録を更新した。同じ日、湯口は走り幅跳びにも出場、2m58の跳躍でアジア記録を刻んだ。

日本で唯一の女子T61(両足大腿義足)の湯口英理菜(日本体育大学)は、5日、200mで自身の記録を6秒近く縮めて更新する41秒27で世界記録を更新した。写真は2日目の6日、100mを走る湯口。100mでアジア記録を更新した。 写真・秋冨哲生

目標とするのは両足義足のロングジャンパー、バネッサ・ロー(オーストラリア)。10歳年上で、ただ一人のライバルである。走り幅跳びの記録は5m16でアジア記録の湯口には大きな存在かもしれない。しかし今のところ、世界で、このクラスには彼ら2名しかエントリーがない。あきらかに選手不足でありパラリンピック出場には至らない。競技者が少ないと、パラリンピックには種目が設けられない。

女性、重度障害者のスポーツを盛り上げよう

選手の減少によりパラリンピックでの種目がなくなってしまった種目もある。女子100mT52(車いす)である。リオパラリンピック(2016年)では7人いた選手が、ベルギーのメダリスト・マリーケ・フェルフールトが惜しまれつつ死亡するなどで減少してしまい、昨年の世界選手権で5人になっていた。

昨年ドバイで開催された世界選手権で女子100mT52の表彰式。IPC Athletic Official Photo

昨年ドバイで開催された女子100mT52の表彰式。IPC Athletic Official Photo

今年5月、IPC(国際パラリンピック委員会)は完全に女子100mT52を種目から除外、日本のこの種目のメダリストである田中照代(銀メダル)、木山由加(銅メダル)の2人が残念なことに東京への道を断たれた。

湯口の場合は、これまであった種目がなくなったわけではない。記録を残すことが、潜在する選手たちのシンボルになり、ライバルを増やすことができるかもしれない。

走り幅跳びT61 に出場した湯口英理菜(日本体育大学)2m58の跳躍でアジア記録 写真・内田和稔

世界中どこでも障害のあるアスリートや、アスリートを目指したり、憧れたりする人がいることを考えると、湯口のような重い障害のある女子選手が活躍することはとても意義深い。健康や経済など社会で不利な状況に置かれることの多い重度障害者や女子選手が、スポーツで世界とつながる夢や目標を持つことになるからだ。