コラム

コロナ禍のパラアスリート。100m平泳ぎと役所の仕事を継続する林田泰河を訪ねて

コロナ禍のパラアスリート。100m平泳ぎと役所の仕事を継続する林田泰河を訪ねて

 ーー自粛中も、仕事と練習を継続 「自粛中の陸トレで体重が増えたけど、パワーもついてきました。課題はスタートの改善です。0.3〜0.5秒縮まるだろう。ターンにも改善できるところがあると思う。前回のアジアパラ(ジャカルタ2 […]

ヨコハマ・パラトリエンナーレ「パラ枠をこえる伝えかた」乙武洋匡さんが登壇!

ヨコハマ・パラトリエンナーレ「パラ枠をこえる伝えかた」乙武洋匡さんが登壇!

ヨコハマ・パラトリエンナーレ<コア期間>2日目(11月21日・土曜日)は、「パラ枠を超える伝えかた」をテーマに公開トークが行われ、ゲストに乙武洋匡氏を迎えた。会場の横浜市役所アトリウムは、コロナ感染増のため予定されていた […]

東京オリンピック・パラリンピックに向けて豊洲(東京都)に建てられた「WHO I AM HOUSE」

参加体験記:子どもプロデュースのボッチャイベント「WHO I AM HOUSE」で開催!

11月3日、東京オリンピック・パラリンピックに向けて豊洲(東京都)に建てられた「WHO I AM HOUSE」にて、子どもたちが企画したボッチャ大会「TOMA CUP」が開催され総勢50名が参加、笑顔が溢れるスポーツ交流 […]

9月の日本選手権で試技に挑むなかで、より遠くを見据えしばし佇む若生。 写真・小川和行

視覚障害やり投げ日本代表候補・若生裕太がめざす東京の夢舞台。「目標は60メートル」11月の関東大会で内定奪取へ!

パラ陸上やり投げ(F12/視覚障害)の日本代表候補・日本記録保持者の若生裕太は、今年の4月に日本大学を卒業。甲子園を目指した野球児はいま陸上競技で東京パラリンピックを目指している。 新たなスタートを切った直後の新型コロナ […]

引退をきめたパラスイマー・鎌田美希の夢に向き合う

引退をきめたパラスイマー・鎌田美希の夢に向き合う

今年3月。世界トップを目指すパラスイマーにとって重要な東京2020パラリンピック日本代表の選考会「パラ水泳春季記録会」がコロナ対策のため中止となった。 この大会を最後に、パラ水泳を引退することを決めていた鎌田美希は引退の […]

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

今は、たった2人で世界を競う! 湯口英理菜、両足大腿義足のスプリンター

厳重なコロナウイルス感染対策のなか、9月5日より2日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、日本パラ陸上競技選手権が開催され、日本で唯一の女子両足大腿(だいたい)義足のスプリンター、湯口英理菜(日本体育大学)は、200mT […]