133Kgを挙げ、成功の喜びの感情をガッツポーズで表した 写真・山下元気

ラオス・国際パラスポーツで初の金メダル~アジアパラ競技大会~

人口約650万人・東南アジアに位置するラオス人民共和国。 パラスポーツ(障害のある人のスポーツ)がまだまだ発展しはじめたばかりのこの国の代表が、本アジアパラ大会で金メダルを獲得するという快挙を成し遂げた。その選手の名は、Pia Laophakdee (以下「ピア」)。ピアは、3歳の時にポリオにかかり両足が不自由に。その […]

悔しさが残る渡辺選手

東京パラリンピックへの道が見えた~2018アジアパラ陸上・渡辺勝

2018アジアパラ競技大会・10月11日(木)。陸上競技1500m T54渡辺勝(26歳・凸版印刷)に競技後インタビュー。 渡辺は今回7位に終わったレースを以下のように振り返った。 レース全般:「今日は昨日の反省を生かすことができた。強気になることができ、今大会で今までで一番良い走りができた。後は、力が足りなかった」 […]

理想の運営ができなければ、別の手段を考える。車椅子のフォトグラファーとの取材で感じたこと

理想の運営ができなければ、別の手段を考える。車椅子のフォトグラファーとの取材で感じたこと

韓国の各地から寄せ集められた大型バス内は個性的で華やかなカーテンに電飾。大画面テレビにはドライバーの好みの番組が。朝はニュース、土曜の夕方には歌謡曲ショーが流れ、日本の氷川きよしを思わせる“演歌スター”が自慢の歌声を披露していることもあった。コリアンな雰囲気に包まれるなか、乗客たちは目的のベニューへ向かい無言で座ってい […]

最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

最高の実績と未来への課題。平昌パラリンピック日本代表選手団解団式

獲得メダル10個(金メダル3、銀メダル4、銅メダル3)を始め、入賞数(4位〜8位)も計13と、日本選手団はソチ大会を上回る大きな実績を残した平昌パラリンピックが閉幕。一夜明けた3月19日、日本代表の解団式が行われた。 大回転での金メダルを筆頭に出場5種目すべてでメダルを獲得したアルペンスキー・女子座位の村岡桃佳(早稲田 […]

韓国と日本で”人の輪”をつくる――あるボランティアスタッフの平昌2018

韓国と日本で”人の輪”をつくる――あるボランティアスタッフの平昌2018

言うまでもなく、オリンピック・パラリンピックはボランティアの存在なしに、運営は不可能である。 各競技会場でその日のプログラムが終了すると、設置された電光掲示板に真っ先に表示されるのは、ボランティアへの感謝の言葉だ。筆者も含めたパラフォト平昌取材班のメンバーも、幾度となくボランティアスタッフに助けられた。彼らは様々なバッ […]

スノーボードクロスでのエヴァン・ストロング (写真・山下元気)

“ラスト1本”で見せた、ディフェンディング・チャンピオンのプライド――ハワイ出身スノーボーダー・Evan STRONGの平昌パラリンピック

平昌パラリンピック、スノーボード・バンクドスラローム(SB-LL2クラス)で銀メダルを獲得した、ハワイ出身の義足のスノーボーダー・Evan STRONG(アメリカ)は、今年の1月に来日した際のインタビューで、こんなことを言っていた。 「Mattiやグリムはライバルでもあるけど、仲間なんだ。彼らのハイパフォーマンスのおか […]