最新記事

大島健吾(左)と井谷俊介(右)。切磋琢磨するライバルの存在が、アジア記録を生んだ 写真・小川和行

花形の100メートルで白熱のレース。急成長の大学生・大島健吾がアジア記録!~2021ジャパンパラ陸上競技大会~

「2021ジャパンパラ陸上競技大会」が4月24日、屋島レクザムフィールド(香川県高松市)で開幕した。ジャパンパラは国内最高峰の大会の1つで、東京パラリンピック前の最後の大きな大会。日本代表の選考に大きく関わる重要な位置づ […]

東京パラリンピックに内定している大矢勇気(ニッセイNC)、100mT52でアジア記録を樹立した翌日、雨のなかでの200mT52のゴール。(写真:秋冨哲生)

東京パラ見据え、コロナ禍での有観客大会「第32回日本パラ陸上競技選手権大会」初日は好記録も2日目は荒天に泣く

3月20日~21日の2日間、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で「第32回日本パラ陸上競技選手権大会」が開催された。 公式試合は、昨年9月5日~6日に埼玉県熊谷市で行われて以来約半年ぶり。かつ今大会は、半年後 […]

東京パラに向かって再始動! ~パラ馬術、強化合宿~

東京パラに向かって再始動! ~パラ馬術、強化合宿~

3月15日~17日、静岡県の御殿場市馬術・スポーツセンターで日本障がい者乗馬協会の強化合宿が行われ、強化指定選手・育成指定選手らが参加。東京パラでの入賞やメダル獲得、ひいては2022年世界馬術選手権や2024年パリパラリ […]

コロナ禍での自国開催。誰も経験のない領域へ、隗より始めよ!

コロナ禍での自国開催。誰も経験のない領域へ、隗より始めよ!

昨年3月に東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まって1年。新型コロナウイルス感染症拡大に伴いすべての活動が自粛を余儀なくされるなかでスポーツの世界最高峰の祭典も開催の危機に晒されている。3月6〜7日、1年2ヶ月ぶり […]

できるできないではなく、どうできるか。パラ・パワーリフティングに見る大会開催のヒント

できるできないではなく、どうできるか。パラ・パワーリフティングに見る大会開催のヒント

東京パラリンピックまで半年を切る中、各競技が葛藤する国内大会の開催と感染対策。 そんな中、今回の緊急事態宣言期間中にいち早く国内大会の開催に踏み切った競技が、パラ・パワーリフティングだ。 1月30日から31日にかけて、「 […]

村岡の金メダルを祝うため、メダルプラザのファミリーゾーンに集まった日本選手団アルペンスキーチーム

北京パラへ本格始動!今季初のアルペン大会が長野で開催

 今季初のパラアルペン大会「2021ワールドパラアルペンスキー アジアカップ~菅平高原シリーズ~」が3月9日から13日まで、長野県・菅平高原パインビークスキー場で開催される。それに先立ち8日、オンラインで出場選手による記 […]