最新記事

堀越信司(26歳・NTT西日本)1500M、T12のゴール後、満足のいく走りができた堀越の表情が輝いていた

視覚障害陸上1500M走・T12 堀越2個目の金メダル、ゴールエリアから

2014仁川アジアパラ陸上最終日、10月24日、10時04分、視覚障害男子T12・1500M走が行なわれ、4:08.93の大会記録で堀越信司(26歳・NTT西日本)が金メダルを獲得した。レースへの出場は6名だった。2位は5つ年上のイランのELAHI Ali選手の自己ベストだった。 堀越は、仁川での1日目・10月19日に […]

仁川の想いリオへつなごう! アジパラ水泳日程終了

仁川の想いリオへつなごう! アジパラ水泳日程終了

10月23日、仁川2014アジアパラ・水泳競技5日目・最終日は、キャプテン・木村敬一が100Mバタフライで金メダルを獲得。木村は「4泳法すべてでメダル」という快挙をなし遂げた。 「ベストを更新したかったが、記録としてはだいぶ伸び悩んだものでよくなかった。キャプテンとして最低限のことはしたつもりだが、水泳チーム目標のメダ […]

800M・T54のレース。ほとんどスピードを落とさず一気にゴールへ向かう集団。

車いす陸上T54・800Mゴール「あれっ!樋口選手がいない!?」

仁川2014アジアパラ競技大会もあと2日となった、メインスタジアム。 日本を代表するトラックレーサーの走りを伝えたいと、800Mのレースが行なわれる陸上競技場を訪れた。 写真は、T54クラスのゴールシーン。800Mでは世界ランキング6位のトラックレーサー、強豪国スイスやイギリスのマラソン・ランナーも重視する樋口政幸がそ […]

男子100M背泳ぎS7で江島大佑が金メダル

木村K、江島が金! 水泳いよいよ終盤へ

10月22日、仁川2014アジアパラ・水泳競技4日目。最大6種目など、多くの種目にエントリーした選手が多いなか、すでに疲労が見え隠れする時期を迎えている。ここをどう過ごすかも、リオ、東京をめざす若いスイマーには貴重な時間の体験となる。 男子は、午前中から決勝があり、木村敬一が100M平泳ぎS11で金、鈴木孝幸が50M自 […]

藤原大輔(22歳、高知県出身、筑波大学3年)SL3

パラバドミントン・藤原大輔 未来への挑戦

「バドミントン」が2020年・東京パラリンピックの種目にきまった。アジアで人気の高いスポーツで、東京では多くのアジア人選手の活躍が期待できそうだ。パラリンピック種目でなかったことや、世界選手権へは費用がかかるためアジアから遠征する国が少ないなど、これまではアジアパラが実質的な世界大会といえるほど、アジアのレベルが高い。 […]

個人エントリー6種目で金3・銀3を獲得した山田拓朗。最終の400M自由形の泳ぎ 写真:越智貴雄

山拓、エントリー6種目で金3・銀3で終了。水上真衣、銀メダル!

10月21日、仁川2014アジアパラ・水泳競技3日目。 女子の河村有香(40歳・クラマ)が100M自由形S5で金メダルを獲得、ユースから伸びてきた水上真衣(20歳・東京都)が100M平泳ぎSB8で銀メダルを獲得。男子は、山田拓朗が個人エントリー6種目を金メダル3・銀メダル3で終えた。 水上は、2009年アジアユースパラ […]