最新記事

長野から17年の地で、ジャパンパラ・クロスカントリースキーが開幕

長野から17年の地で、ジャパンパラ・クロスカントリースキーが開幕

IPCワールドカップ旭川大会から2週間、3月7日、2015ジャパンパラ・クロスカントリースキー競技大会が開幕した。ここで、17年前、長野パラリンピックが開催された。 国内最高峰の大会といっても、座位、立位、視覚障害、知的障害、聴覚障害の選手の合計が22名と、出場者は少ない。2020年東京パラリンピックの効果でも、人気が […]

スーパーG・スタンディング、ロシアのアレクセイ・ブガエフが圧勝! 日本チェア軍団は後れをとる

スーパーG・スタンディング、ロシアのアレクセイ・ブガエフが圧勝! 日本チェア軍団は後れをとる

パノラマ(カナダ)で開催されているIPCアルペンスキー世界選手権。現地時間の3月5日、スーパーG(スーパー大回転)が行なわれた。 天候は、昨日と同様に晴れ。そして今日もコースは硬く、絶好のコンディションとなった。 男子スタンディングでは、ロシアのアレクセイ・ブガエフが、昨日のダウンヒルに引き続き圧倒的な強さを発揮した。 […]

アルペンスキー世界選手権開幕、ダウンヒルで村岡桃佳が2位!

アルペンスキー世界選手権開幕、ダウンヒルで村岡桃佳が2位!

 パノラマ(カナダ)で開催されている、IPCアルペンスキー世界選手権で、3月4日(現地時間)、最初の種目であるダウンヒル(滑降)が行なわれ、日本チームからは、女子シッティングの村岡桃佳が2位、男子シッティングの森井大輝が3位となり、それぞれ銀メダルと銅メダルを獲得した。  天候は晴れ。放射冷却現象によって気温が下がり、 […]

旭川らしさへのこだわりをめぐって 〜IPCクロカン・ワールドカップ〜

旭川らしさへのこだわりをめぐって 〜IPCクロカン・ワールドカップ〜

 アジア初となった旭川でのIPC(国際パラリンピック委員会)クロスカントリースキーワールドカップは、2月19日に7日間の全日程を無事に終了。閉会式後に行なわれた、さよならパーティでは、各国の選手、競技スタッフから、組織委員会、ボランティアに対して大きな感謝の言葉が述べられた。  大会の主催は、地元のスキー、障害者スポー […]

IPCクロカン・ワールドカップ旭川大会、全競技終了。新田「市民の力で大会ができた」

IPCクロカン・ワールドカップ旭川大会、全競技終了。新田「市民の力で大会ができた」

2月19日、IPCクロスカントリースキーワールドカップ(第2戦・旭川)は、5日目を迎え、男子ミドル・ディスタンス(10km)フリー、女子ショート・ディスタンス(5km)フリーが行なわれ、すべての競技が終了した。 ソチパラリンピックから約1年が過ぎ、参加選手は3年後の2018年ピョンチャン(韓国)に向けスタートのシーズン […]

スプリント・フリーで熱戦。ロシアのブラディスラフ3冠!

スプリント・フリーで熱戦。ロシアのブラディスラフ3冠!

2月18日、国際パラリンピック委員会(IPC)主催・クロスカントリースキーワールドカップ(第2戦・旭川)は、競技4日目を迎え、スプリント・フリー(1km)のレースが行なわれた。 フリー走行は、スケートのように足を斜め前に滑らせて走る技術で、スプリント1kmでは、全クラスが同じ距離を走るが、座位(シッティング)と、立位( […]