最新記事

DAY-1:IPC水泳 田中康大が100メートル平泳ぎで2位。初日の日本に銀メダルが輝いた!

DAY-1:IPC水泳 田中康大が100メートル平泳ぎで2位。初日の日本に銀メダルが輝いた!

7月13日、グラスゴー(イギリス・スコットランド)中心街から約3kmのトルクロス国際水泳センターでIPC世界水泳選手権が開幕した。59カ国からリオパラリンピックへの目標を掲げた世界トップ・パラリンピックスイマー571名( […]

公式練習最終日のルディ・ガルシア・トルソン(アメリカ) 写真・佐々木延江

アメリカの鉄人・ルディ・ガルシア・トルソン。水泳、陸上、トライアスロン 3種目でタイトルを目指す

2015年7月13日から19日、イギリスのグラスゴーでIPC水泳世界選手権が開催される。この大会にアメリカから、2016年リオ・パラリンピックで水泳(200M、100m 平泳ぎ)、陸上(走り幅跳び、200メートル走)トラ […]

IPC水泳世界選手権の会場で練習する日本選手団。手前は1日目に

IPC水泳世界選手権まであと2日! 選手たちの練習風景

7月11日、グラスゴー市街より3kmほどのトルクロスパーク内にあるトルクロス国際水泳センターで各国の選手たちが3日目の公式練習を行った。 59カ国から571(男子337・女子234)の選手が集まり開催されるIPC水泳世界 […]

世界選手権出場のため羽田空港を出発する日本選手団

IPC2015グラスゴー水泳世界選手権にむけ選手団が出発!

7月8日早朝、IPC世界水泳選手権に出場する選手とスタッフがイギリス・グラスゴーに向かい羽田空港を出発した。大会は13日から19日までの7日間の日程で行われ、70カ国から580名のスイマーがリオパラリンピックまで1年とな […]

苦労も、喜びも。チームで戦う、 パラトライアスロン視覚障害クラスの醍醐味

苦労も、喜びも。チームで戦う、 パラトライアスロン視覚障害クラスの醍醐味

■個人競技のなかのチーム戦  トライアスロンは、一人のアスリートがスイム、バイク、ランの3種目を順番に続けて行い、「自身の限界に挑戦する」スポーツとして1970年代にアメリカで生まれた。そんな成り立ちもあり、早くから障害 […]

藤原光里(16歳・地元、神戸鈴蘭台高校)

神戸から、募集中! あなたの町でIPC公認・市民水泳大会を開催しませんか?

 6月6日、7日。地域スイマーの登竜門として毎年行われ57回目となる「神戸市民水泳大会」(主催:神戸市水泳協会)で、障害のある選手の記録がIPC(国際パラリンピック委員会)公認記録として認定されることになった。  IPC […]