RIO 2016 — 2015年11月13日 at 2:49 PM

ゴールボール女子がリオ出場権獲得!

1−0で中国を下し、リオ出場権を勝ちとったゴールボール女子日本代表。左から、安達阿記子、若杉遥、浦田理恵 写真提供:一般社団法人日本ゴールボール協会、撮影/市川亮

1−0で中国を下し、リオ出場権を勝ちとったゴールボール女子日本代表。左から、安達阿記子、若杉遥、浦田理恵 写真提供:一般社団法人日本ゴールボール協会、撮影/市川亮

 リオパラリンピック出場権を懸けた、ゴールボールのアジア・パシフィック選手権が11月12日、杭州(中国)で行なわれ、前回ロンドン大会で金メダルの日本女子が、中国を1―0で下し、リオ出場権を獲得した。
 ゴールボールは、視覚障害のチームスポーツで、バレーボールと同じ広さのコートの左右にゴールが設置され、3人1組で鈴の入ったボールを相手ゴールめがけて打ち合い、攻守を繰りかえす「音」だけが頼りの競技。女子がシドニーパラリンピックに初出場。アテネで銀メダル、ロンドンで金メダルと活躍し、4大会連続出場となる。