ウィルチェアーラグビー — 2016年6月25日 at 9:57 PM

日本史上初、世界ランク1位の地元カナダに勝利!

カナダ戦、試合終了3分前のキャプテン池透暢(3.0・日興アセットマネジメント) 写真・中村真人

カナダ戦、試合終了3分前のキャプテン池透暢(3.0・日興アセットマネジメント) 写真・中村真人

6月23日、2016カナダカップ国際ウィルチェアラグビー・トーナメントがブリティッシュコロンビア州(カナダ)で開幕した。26日まで4日間の試合が始まった。この大会は、カナダのブリティッシュコロンビア州・車椅子スポーツ協会によって発足し、2004年から2年に1度開催されている。

世界ランキング3位を背負ってバンクーバー入りした日本チームは、初戦で強豪オーストラリアに58ー63で敗れ、2日目アメリカに善戦するも53ー58で敗れ2敗したが、世界ランク1位の地元カナダチームに勝利した!スコアは55ー57だった。

世界ランキング1位ということもあって、カナダチームには消化試合的なムードがあった。そこに、日本チームがアメリカに負けたこともあり全力を使ったプレーをぶつけてきた。

AUS戦での池崎大輔(3.0・アディダスジャパン) 写真・中村真人

AUS戦での池崎大輔(3.0・アディダスジャパン) 写真・中村真人

試合前、「自分たちは崩れないという基本姿勢を持って臨みます」と話していた池崎大輔。その姿勢が功を奏した試合だった。

日の丸で応援するカナダ人たち 写真・中村真人

日の丸で応援するカナダ人たち 写真・中村真人

(編集・佐々木延江)

<2日目の写真(facebookギャラリー)>
2016 Canada Cup International Wheelchair Rugby Tournament

Day1/4;JAPAN 58 – AUSTRALIA 63

Day2/4;JAPAN 53 – USA 58 First Game today

Day2/4;JAPAN 57 – CANADA 55