最新記事

アジアパラ・車いすテニスで国枝・上地が優勝。東京2020への出場が内定

アジアパラ・車いすテニスで国枝・上地が優勝。東京2020への出場が内定

インドネシア2018アジアパラ競技大会は10月12日、ジャカルタで車いすテニスの男・女シングルス決勝が行われ、国枝慎吾(34歳/ユニクロ)と上地結衣(24歳/エイベックス)がともに優勝した。 同日に行われた記者会見で、国枝・上地については2年後に開催される東京2020・パラリンピックの出場権の内定を得たことが、日本障が […]

悔しさが残る渡辺選手

東京パラリンピックへの道が見えた~2018アジアパラ陸上・渡辺勝

2018アジアパラ競技大会・10月11日(木)。陸上競技1500m T54渡辺勝(26歳・凸版印刷)に競技後インタビュー。 渡辺は今回7位に終わったレースを以下のように振り返った。 レース全般:「今日は昨日の反省を生かすことができた。強気になることができ、今大会で今までで一番良い走りができた。後は、力が足りなかった」 […]

選手と山下コーチ

相手は関係ない。自分はやるべきことをやるだけ ~アジアパラ競技大会・パワーリフティング~

男子97Kg級、馬島誠が自己ベスト更新で7位 10月12日、パワーリフティング97Kg級に馬島誠が出場した。結果は、155kgで7位であった。 イランのSOLHI POURAVANJI SEYED HAMEDは、記録を誕生させた。234kgを挙げアジアレコード・ゲームレコードを更新し、金メダルを獲得した。 馬島誠にイン […]

ABU賞の授賞式で。左から、ディレクター:中島悠、チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:大野丈晴 (写真提供:WOWOW)

「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」シーズン2(ベアトリーチェ・ヴィオ)がABU賞 テレビ・スポーツ部門 最優秀賞を受賞

IPC(国際パラリンピック委員会)と株式会社WOWOW(東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が共同制作した「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズWHO I AM」シーズン2より、【パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア/車いすフェンシング)】が、ABU賞 テレ […]

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

アジアパラ水泳4日目・日本代表チームが4つの金メダル!

10月11日アジアパラ2018インドネシア五日目、日本代表チームは金メダル25個を含む114個のメダルを獲得した。うち水泳では7日からの4日間で金メダル16個、銀メダル21個、銅メダル17個の合計54個。金メダル数では中国に次ぐ2位、合計メダル数では参加国27カ国中トップで前半を終えた。 快進撃を続ける日本水泳チーム。 […]

今井大湧。

勝利のカギは”コーラ”にあり。~2018アジアパラ・バドミントン今井大湧

「インドネシア2018アジアパラ競技大会」は9日、バドミントン男子の今井大湧(SU5/日本体育大学)がシングルス初戦に出場した。 今井は去年主将を務めたアジアユースパラ(ドバイ)で男子シングルス優勝、先月末の「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2018」でもシングルス初優勝を果たした20歳の期待の […]