RIO 2016, セレモニー, 取材者の視点, 夏季競技, 陸上 — 2016年9月15日 at 9:23 AM

陸上:女子400M(T47)辻紗絵が悲願の銅メダル

9月14日(現地時間)競技7日目、女子400メートル(T47)決勝。辻紗絵(21歳・日本体育大学)が3位に入り悲願のパラリンピック初のメダルを獲得した。

辻紗絵400m涙の銅メダル獲得(撮影:三浦宏之)

辻紗絵400m 悲願の銅メダル獲得 撮影・三浦宏之

ハンドボールから転向して1年半ほど。転向してよかったんだということを証明したい、そのためにメダルを絶対とると宣言してのパラリンピックの舞台。厳しい練習も乗り越えて有言実行のメダルに、涙が込み上げてきた。