取材者の視点, 夏季競技, 東京, 観戦レポート, 陸上 — 2021年3月25日 at 12:38 PM

東京パラ見据え、コロナ禍での有観客大会「第32回日本パラ陸上競技選手権大会」初日は好記録も2日目は荒天に泣く

荒天による影響でタイムが伸びず

翌2日目は、前日とは打って変わって悪天候が選手たちを襲った。大雨に加え、前日の2倍以上となる最速3.8m/sという強風の影響で、各競技とも満足のいくパフォーマンスが出せない状況となり、無理をせず欠場をきめた選手もいた。
新記録は、男子走幅跳のT13 福永凌太(中京クラブ)が6m59をマークした。この記録は19年の世界ランキング10位相当であり東京パラリンピック内定基準を満たすことはできなかった。

佐藤友祈、clubhouseでファンを集め力に!

男子400m T52と1500m T52の世界記録保持者で東京パラリンピックに内定している佐藤友祈はこの2月にモリサワと契約、プロに転向した。有観客の機会にclubhouseやLINEなどのSNSで呼びかけファンを集めて挑んだ。

1500m  T52佐藤友祈のゴール

2月にプロ転向後初のレースとなった佐藤友祈(モリサワ)、雨のなかで1500m T52のゴール。ファンの注目が力になりいい走りができた (写真・秋冨哲生)

「シーズンインした時期の大会の中では過去一番いいレースができた。400mと1500mで金メダル、世界記録を更新します」また、「多くの方が興味を持って現地へ足を運び、ライブ配信でも映像を見てくださり力になりました。だからこそ、この2日間で記録を更新するつもりで走っていました」と集客による手応えを口にした。

若生裕太、スタンドの声援を受けるも距離のびず

注目したのは男子やり投 F12の若生裕太(関東パラ陸協)。昨年の関東パラ陸上で日本記録58m40をマークし、世界ランク4位に入るべく臨んだこの大会。競技が始まると、久しぶりの観戦機会に応援に駆けつけた学生時代の仲間たちのいるスタンドに向かい「手拍子をお願いします!」と呼びかけ自身を鼓舞した。しかし、天候の影響で距離は伸びず51m27と自己ベストには及ばなかった。

槍投げT12、助走から投げる直前の若生裕太

男子やり投 F12の若生裕太(関東パラ陸協)。仲間の手拍子を背に投げ込んだ(写真:秋冨哲生)

終了後の会見では、悔し涙で声を震わせながら言葉を絞り出した。「自信持って臨んだのですが記録につながらず、不甲斐ない結果に終わってしまって本当に悔しいの一言です」

樋口政幸、まだこれからが本番

悪条件の中、ベテランの強さを見せたのが男子T54の樋口政幸(プーマジャパン)。
800m・1500m・5000mに出場し、3種目全てで優勝を果たした。いずれも「天気のおかげ」と、周りが苦しんでいた天候を味方につけた。800mでは東京パラに内定している鈴木朋樹(トヨタ自動車)をとの争いを制し、「スタートでは勝てないので、鈴木選手を追いかけていき、雨で滑り出したら捉えられると思ってチャンスを待っていた」と落ち着いた走りを見せた。

鈴木朋樹に競り勝つ樋口正幸、800m T54

T54の樋口雅幸(プーマジャパン)。800mT54で鈴木と競り合う樋口(左)。ベテランは天候を味方にし、3種目を制した(写真:秋冨哲生)

南スーダン初のパラリンピアン

今大会最も注目された選手が男子100mT47と200mT47で優勝した南スーダンのクティヤン マイケル・マチーク・ティン(以下、マイケル)。南スーダンの陸上競技選手団は19年11月から5人(コーチ1人、選手4人)が同国のホストタウンである群馬県前橋市でキャンプをしている。南スーダンではオリンピックとパラリンピックで組織が分かれていないためマイケルは南スータンのオリンピック選手団のの1人としてキャンプ地へ赴いていた。
昨年からのコロナ禍で国際大会の中止が相次ぎ、マイケルが出場機会を失っている状況を鑑みた日本パラ陸連は、出場資格を変更し特例で今大会への参戦が実現、パラリンピック3大会出場の銅メダリスト多川知希とのレースで競り勝った。

雨の中で多川に競り勝つ南スーダンのマイケル

大会前から注目を集めた南スーダンのクティヤン・マイケル・マチーク・ティン。同国初のパラリンピック出場を狙う。2日目、200mT47でパラリンピック3大会連続出場の多川知希とのレース(写真:秋冨哲生)

競技後には前橋市スポーツ課の桑原和彦課長が会見に応じ、「マイケルが出場できるという予定の下、我々も支援している。今後もパラ陸上の大会に出場してほしいと」とコメントした。
もしパラリンピックに出場が叶えば、マイケルは南スーダンにとって初めてのパラリンピック選手となる。ホストタウンの前橋市も引き続きサポートをする。

「楽しみが大きい」今後への期待

荒天に見舞われながらも大きなトラブルなく、18時前に全種目を終了。全てのレースを終え、原田康弘テクニカルディレクターは緊急事態宣言下の中で開催できたことについて関係者へ感謝の気持ち述べるとともに、「陸上競技はこれからシーズンに入る。この難しい時期に大会が行われ、選手が合わせてくれてことについて安心しています」と語った。
また、パラ陸連強化委員会の平松竜司副委員長も会見に同席。初日に記録が多く出たことに触れ、「東京パラリンピックも重要ですが、本来であればパリに向けたサイクルの時期。来年の神戸で行われる世界選手権に向けても(この時期に)記録を伸ばして行けた。今後の楽しみが非常に大きい」と前向きに振り返った。
東京大会の選考に向けて残された大会は4月24日・25日に香川県で開催される「2021ジャパンパラ陸上競技大会」。ここで最後の望みをかけて選手たちは戦う。

(取材・記事 白石怜平、編集 佐々木延江、写真 秋冨哲生)

1 2