Archives

ミックスゾーンでのガルシア・トルソン・ルディ

マルチパラアスリート・ルディGに独占インタビュー!

2013年ロンドンパラリンピック、男子200メートル個人メドレー銀メダリスト、ガルシア・トルソン・ルディ、26歳。アメリカ、西海岸の出身。グラスゴー2015IPC水泳世界選手権の会場でお会いした。いちど、横浜でのトライア […]

スタート地点を準備するボランティア

優勝は樋口! アイススレッジホッケー日本代表・銀メダリストが挑戦! 〜日産カップ追浜車いすマラソン〜

 晴天の週末、追浜の街で「日産カップ追浜チャンピオンシップ」が行なわれ、全国から車いす陸上の選手が集まった。このイベントは、日産追浜工場と追浜の街を舞台に2000年にスタート。毎年恒例の行事として地域に根づいている。   […]

時折小雨のふるあいにくの天候のなか、フルマラソンは国内外から81選手(うち女子7名)が午前11時に一斉にスタート。後方には3分後にスタート予定のハーフに出走する157選手(同16名)が待機中

伝統の「大分国際車いすマラソン」から、「2020東京」に向けて学びたいこと

■世界最高レベルの戦いから、自分との戦いまで  11月9日(日)、大分市で「第34回大分国際車いすマラソン大会」が開催され、フルマラソン男子はスイスのマルセル・フグ選手が1時間21分40秒で総合優勝を果たし、大会5連覇を […]

車いす陸上・男子1500M・T54、ラスト300M地点を走る樋口政幸(バリストライド) 写真・越智貴雄

打ちのめされた、会心のレース! ー車いす1500M・T54ー

10月24日、2014仁川アジアパラ最終日。樋口政幸(35歳・バリストライド)は1500M・T54の決勝に出場した。 1500Mでは、スイスの王者マルセルに継ぐ世界ランキング2位の樋口。しかし、今大会最初の21日の500 […]

堀越信司(26歳・NTT西日本)1500M、T12のゴール後、満足のいく走りができた堀越の表情が輝いていた

視覚障害陸上1500M走・T12 堀越2個目の金メダル、ゴールエリアから

2014仁川アジアパラ陸上最終日、10月24日、10時04分、視覚障害男子T12・1500M走が行なわれ、4:08.93の大会記録で堀越信司(26歳・NTT西日本)が金メダルを獲得した。レースへの出場は6名だった。2位は […]

800M・T54のレース。ほとんどスピードを落とさず一気にゴールへ向かう集団。

車いす陸上T54・800Mゴール「あれっ!樋口選手がいない!?」

仁川2014アジアパラ競技大会もあと2日となった、メインスタジアム。 日本を代表するトラックレーサーの走りを伝えたいと、800Mのレースが行なわれる陸上競技場を訪れた。 写真は、T54クラスのゴールシーン。800Mでは世 […]