最新記事

ミックス・ゾーンでいつもの笑顔を見せてくれた、アリサ・シーリー 写真・秋冨哲生

アリサ・シーリー「自分のスタンダード」をとり戻した。横浜3連覇の輝きの理由

ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会で、2016年、2017年と見事な2連覇を成し遂げた、アメリカのアリサ・シーリー(PTS2)が、5月12日の朝、再び、横浜の舞台に戻ってきた。 今年のスイムはつねにトップの座を譲らないライバル秦由加子とわずか5秒差の2位で終えた。自らのブログで、「初めて秦にくらいついてスイム […]

「自分もいつか、世界の舞台へ」こどもスポーツ記者が見た、パラトライアスロン!

「自分もいつか、世界の舞台へ」こどもスポーツ記者が見た、パラトライアスロン!

「おねーさん、記者の人?私の名前はね、小春っていうの!」 近づくとそう話しかけてきたのは、横浜市内の特別支援学校に通う、小学5年の黒野小春さん。 5月12日に開かれたITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会。 近年、横浜トライアスロンでは、キッズプロジェクト「こどもスポーツ記者」として、パラトライアスロンを取材する […]

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

「また乗りたいね!」生徒たちが口々にそう語った。5月16日、千葉市立天戸中学校でウィルチェアーラグビーの体験会「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」が行われ、子供たちが選手との交流を通じ、ウィルチェアーラグビーの魅力を体感した。 日本障がい者スポーツ協会が主催する「ジャパンパラ応援プロジェク […]

リオネル・モラレス(PT2・スペイン) 筆者撮影

スペイン、リオネル・モラレス(PT2)3位

男子PT2カテゴリーは、立位の中でも障害が重く、大腿切断など義足やクラッチを使っての過酷な戦いだが、多くの選手がトライアスロンに取り組んでいる。スペインのランサローテ出身のリオネル・モラレスもその一人。トライアスロンを始めたのは2013年。2015年にスペイン代表に選ばれ、2016年リオパラリンピックに出場した。しかし […]

ロドリゲス(スペイン)横浜3大会出場で2度目の優勝!

ロドリゲス(スペイン)横浜3大会出場で2度目の優勝!

女子PTVI(視覚障害)カテゴリーのスサーナ・ロドリゲス(スペイン)は、1時間8分15秒のタイムで優勝した。リオに向けてパラトライアスロンが本格化した2014年の横浜大会で優勝、昨年は銀メダルを獲得。横浜大会は3度目の出場となる。 「去年よりも天候に恵まれ、いつも通りのレースができ勝利できたことはとてもよかった。特に、 […]

フィニッシュするイェツェ・プラット(PTWC H2/オランダ) 写真・山下元気

1時間を切る高速レースでイェツェ・プラットが優勝!オランダの強さ魅せる!〜横浜大会パラエリート主な結果〜

5月12日(土)「ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会」は6時55分に横浜山下公園でレースがスタート。世界から70名の障害のある選手がエリートパラトライアスロン(スプリント25.25km/スイム750m出場した、バイク20km、ラン5km)に出場した。 今シーズンは横浜大会がワールドパラトライアスロンシリーズの […]