最新記事

体験コーナーに参加して興奮した専門学校生の長谷川美優さん (写真・久下真以子)

世界ランキング欧州トップ3を迎えて。ジャパンパラ ウィルチェアーラグビー競技大会開幕!

車いす同士の激しいぶつかり合いが特徴のパラリンピック競技「ウィルチェアラグビー」の国際大会、2018ジャパンパラ ウィルチェアーラグビー競技大会が、5月24日(木)、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕した。日本障がい者スポーツ協会の主催。 開会式には、地元の千葉市、そしてパラスポーツの推進に力を入れている渋谷区の小・中 […]

スタートランプ (選手提供写真)

音を光に『スタートランプ』の普及はデフ・アスリートの転戦を支える!

健聴の猛者に混じって己を磨く 5月19日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場。東日本実業団陸上競技選手権、男子400メートル予選。 上下ブラックのユニフォームで走る、身長186cmの岡部祐介(ライフネット生命)は、6名の出走者の中でもひときわ大きなストライドで走った。51秒27。強豪選手に囲まれ、かつ、組1着+その他 […]

ミックス・ゾーンでいつもの笑顔を見せてくれた、アリサ・シーリー 写真・秋冨哲生

アリサ・シーリー「自分のスタンダード」をとり戻した。横浜3連覇の輝きの理由

ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会で、2016年、2017年と見事な2連覇を成し遂げた、アメリカのアリサ・シーリー(PTS2)が、5月12日の朝、再び、横浜の舞台に戻ってきた。 今年のスイムはつねにトップの座を譲らないライバル秦由加子とわずか5秒差の2位で終えた。自らのブログで、「初めて秦にくらいついてスイム […]

「自分もいつか、世界の舞台へ」こどもスポーツ記者が見た、パラトライアスロン!

「自分もいつか、世界の舞台へ」こどもスポーツ記者が見た、パラトライアスロン!

「おねーさん、記者の人?私の名前はね、小春っていうの!」 近づくとそう話しかけてきたのは、横浜市内の特別支援学校に通う、小学5年の黒野小春さん。 5月12日に開かれたITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会。 近年、横浜トライアスロンでは、キッズプロジェクト「こどもスポーツ記者」として、パラトライアスロンを取材する […]

横浜大会2連覇「天気が良くて気持ちよかった」と振り返った。 写真・矢野信夫

「逆境に耐えて咲く花こそ美しい」土田和歌子、43歳で新たな挑戦へ!

フィニッシュ後、車椅子レーサーを漕いでいた左腕から血がにじんでいた。 「大丈夫です。走っていると擦れちゃうんです」 5月12日に行われた、ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会。PTWC(車いす)のクラスで優勝した土田和歌子(八千代工業)は、ミックスゾーンで心配する記者にそう答えてくれた。 傷が、車椅子ならではの […]

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

中学生がウィルチェアーラグビーに挑戦!「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」開催

「また乗りたいね!」生徒たちが口々にそう語った。5月16日、千葉市立天戸中学校でウィルチェアーラグビーの体験会「ジャパンパラ応援プロジェクト 障がい者アスリート交流キャラバン」が行われ、子供たちが選手との交流を通じ、ウィルチェアーラグビーの魅力を体感した。 日本障がい者スポーツ協会が主催する「ジャパンパラ応援プロジェク […]