最新記事

決勝戦でFC九州バイラオール萱島比呂(左)とFCアウボラーダ期待の次期エース・秋葉海人(右) 写真・矢野信夫

クラッチと走り、蹴る!多彩なプレーヤーとファンで賑わう、アンプティサッカー

天気予報をくつがえして秋晴れとなった富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)で「日本アンプティサッカー選手権大会2017」が開催された。今シーズンを締めくくる全国大会は、11月11日から週末の2日間にわたりブロック予選と決勝リーグ、順位決定戦が行われ、9チームが激闘を繰りひろげた。 日本選手権は九州が優勝!  この大会の […]

初めて撮る、アンプティサッカー

初めて撮る、アンプティサッカー

ふだん義足を使っている方のためのサッカーと聞いて、一体どうやって?!と思ってしまった。義足でボールを蹴るのだろうか? いやそうではなく、義足を外して杖(クラッチと呼ぶ)を2本使いながらのサッカーだった。11月11日、初めてアンプティサッカーの試合を撮影することになった。 クラッチで動きながらボールを健足で蹴ってサッカー […]

2020東京で会いましょう! 〜パラアスリート・ドキュメンタリー「WHO I AM」シーズン2発表!試写会を訪ねて〜

2020東京で会いましょう! 〜パラアスリート・ドキュメンタリー「WHO I AM」シーズン2発表!試写会を訪ねて〜

IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同制作によるパラアスリートのドキュメンタリー・シリーズ「WHO I AM(=これが自分だ!という輝き)」のシーズン2を披露する試写会が10月27日に都内で行われた。 東京オリンピック・パラリンピック開会ほぼ1000日前という時期と重なり、都内では様々なイベントが行われる […]

パラリンピックの価値とは。教育現場で挑戦始まる 〜PARA-SPORTS ACADEMY 東京都×WOWOW in 日体大〜

パラリンピックの価値とは。教育現場で挑戦始まる 〜PARA-SPORTS ACADEMY 東京都×WOWOW in 日体大〜

東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控え、教育現場でパラスポーツやパラアスリートの魅力を発信する取り組みが始まっている。10月10日、日本体育大学世田谷キャンパス(横浜市青葉区)で、東京都と放送局のWOWOWが連携し、大学生を対象にした「PARA-SPORTS ACADEMY」が行われた。このプロジェクトは、東京 […]

ミックスゾーンで木村潤平(社会福祉法人ひまわり福祉会/東京)PTWC 写真・内田和稔

パラトライアスロンで世界へ挑戦。それぞれのシーズンを終えて

昨年9月のリオパラリンピックでパラトライアスロンが初めて正式種目となり日本からも4名の選手とガイドが出場した。それから1年。 
10月15日(日)第23回日本トライアスロン選手権でのパラトライアスロンの実演が、3年後の2020東京パラリンピックの会場となるお台場海浜公園で初めて行われた。 パラリンピック本番より短いスー […]

フィニッシュする秦由加子(マーズフラッグ・ 稲毛インター/千葉)PTS2 写真・内田和稔

お台場で初パラトライアスロン。世界トップに挑む7選手が実演!

2020東京パラリンピックの種目「パラトライアスロン」のデモンストレーションが3年後の会場・お台場海浜公園(東京都港区)で10月15日(日)初めて行われ、地元東京の観客を前にその姿が披露された。 
第23回日本トライアスロン選手権(JTU日本トライアスロン連合主催)の男女レースの前に、パラリンピック本番より短いスーパー […]