最新記事

鈴木孝幸と競い合うスペインの王者ミゲル・ルカ。50メートル平泳ぎ(SB3)でのライバルどうし 写真・山下元気

世界を相手に、トビウオパラジャパンが好レース

9月2日、東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)で「ワールドパラ水泳公認2017ジャパンパラ水泳競技大会」が開幕した。27回目となる今大会に、初めて、強豪国ニュージーランドとスペインから4名のメダリストが招かれ出場。約1ヶ月後の9月30日にメキシコで開幕する「ワールドパラ水泳世界選手権」の前哨戦として、世界トップレベルのレ […]

普段はイギリスでトレーニングに励み、帰国しての大会出場となる鈴木孝幸とライバルのスペインの金メダリスト、ミゲル・ルケ

パラスイム世界トップを交えた熱戦。ジャパンパラ水泳あすから開催!

明日から始まる障害のある人の国内最高峰の水泳大会「ワールドパラ水泳公認2017ジャパンパラ水泳競技大会」前日の9月1日、会場となる東京辰巳国際水泳場で、注目選手の記者会見が開催された。 今大会で初めて海外から強豪国のメダリストが招かれた。男子50メートル平泳ぎ(SB3)の金メダリストのミゲル・ルケ(40歳・関節拘縮症) […]

リオパラリンピックへチーム最年少17歳で出場した鳥海連志

車いすバスケ・強豪国とのワールドチャレンジカップ東京で開幕!

8月31日、東京体育館(東京都渋谷区)で車いすバスケットボールの「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP2017」が開幕した。強豪国を招聘し、2020東京パラリンピックに向け3年連続で開催される予定である。 開催国日本のほか、リオパラリンピック3位のイギリス、2014仁川世界選手権優勝のオーストラリア、201 […]

パラスポーツ体験は地元で行われているパラスポーツを体験した

パラリンピックムーブメントに新たな風!旭川で「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会

パラリンピックムーブメントに新たな動きがあった。8月1日(火)・2日(水)旭川市(北海道)で、IPC(国際パラリンピック委員会)公認パラリンピック教育教材「I’m POSSIBLE」を活用した市民研修会が開催された。市民によるパラリンピック教育のワークショップが行われるのははじめて。 パラリンピック教育とは? IPCに […]

2024・2028はロスかパリで2カ国継続開催?!

2024・2028はロスかパリで2カ国継続開催?!

2017年7月11日、スイス・ローサンヌにて、第130回国際オリンピック委員会総会が開催され、2024年及び2028年のオリンピック開催地について議論が行われた。 この時点で候補地はアメリカ・ロサンゼルスとフランス・パリの2か国に絞られており、両都市は順番に総会に対し、プレゼンテーションを行った。 また、この2都市の計 […]

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

アジアパラ2018に向け東京で定時理事会

7月5日、アジア地域のパラスポーツ最高峰の国際大会を担う、アジアパラリンピック委員会(APC/マジット・ラシェッド会長・本部:アブダビ)の定時理事会が京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催された。2日間にわたる会議の1日目の終了後、水野正幸APC副会長(=日本障がい者スポーツ協会副会長)および麻生学APC理事・大会調整 […]