最新記事

日本女子ゴールボール円陣

女子ゴールボール無傷で準決勝へ〜2018アジアパラ・ゴールボール

10月10日(水)現地時間9時、BALAI KARTINIにてゴールボール女子は、予選全勝をかけ地元インドネシアと対戦。 相手に主導権は握らせずに若杉遥が5得点、高田朋枝は3得点、天摩由貴が2得点と合計10-0のコールドゲームで準決勝進出を決めた。 センターを務めた天摩は自分のプレーに関して、「センターからレフトへ、セ […]

(No.5山口凌河選手・NO.9川嶋悠太選手)

ゴールボール男子予選突破〜2018アジアパラ・ゴールボール

10月10日(水)10時にBALAI KARTINIにてゴールボール男子は、準決勝進出をかけカタールと対戦した。 前半は、山口凌河が4得点、安藤勇二の1得点があり、4-2で折り返す。 観客席には一試合目を終えた女子日本代表も駆けつけた。観客席からは日本コールが沸き起こり、女子日本代表と観客が一体となり、その声援は男子日 […]

地元インドネシアのメディアに囲まれ記念写真。国内でのパラ水泳の人気も上がってきているようだ

日本 VS 地元インドネシア、白熱の対決!~2018アジアパラ・水泳女子100m平泳ぎ

水泳会場が、割れんばかりの歓声に包まれた。 8日に行われた知的障害クラス・女子100m平泳ぎ(SB14)決勝。 接戦を制したのは地元・インドネシアのIndriani Syuci、2位は日本の出口舞(宮前ドルフィン)。実に0.02秒差の接戦だった。 水泳インドネシア代表・金第1号! スタンドだけでなく、地元マスコミも白熱 […]

孫の潤夏ちゃん(2歳)。じいじのカッコイイ姿を見せられた! 写真・山下元気

ママアスリート&おじいちゃんアスリートの奮闘~2018アジアパラ・パラパワーリフティング

「インドネシア2018アジアパラ競技大会」2日目である7日には、パラパワーリフティングが行われ、女子41kg級の成毛美和(パワーハウスつくば)と男子49kg級の三浦浩(東京ビッグサイト)が登場した。 日本一小さいママパワーリフター 「悔しい」。成毛は納得のいかない様子だった。 1回目で46kgに成功したものの、挙上時の […]

「これが始まり」と前を向いた藤本。11月のW杯でリベンジを誓う

石井亜弧、涙の銀。藤本聰は5位~2018アジアパラ・視覚障害者柔道

女子52kg級、石井は銀メダル ミックスゾーンに現れた石井亜弧(三井住友海上あいおい生命保険)は、涙が止まらなかった。 「もう少し、出来るところがあったと思うので……。悔いが残っています」 女子52kg級の決勝で、リオパラリンピック(2016年)代表だった石井は韓国のSONG NAYEONGと対戦。開始1分19秒、背負 […]

アジアパラ2018ジャカルタで盛大に開幕。東京パラリンピックへの試金石!

アジアパラ2018ジャカルタで盛大に開幕。東京パラリンピックへの試金石!

4年に1度開かれる第3回アジアパラ競技大会。今年はアジアの43の国と地域から2800人を超える選手が参加し、18競技558種目が行われる。 種目はパラリンピックと重なる競技が多いが、バドミントン、パワーリフティング、水泳、陸上、卓球などアジア地域で盛んな競技に注目が集まる。これらはアジア勢が強いことから、2020東京パ […]