アルペンスキー

森井大輝の滑り。ソチパラリンピック8日目、GS2本目(写真:堀切功)

Day8 ソチの雪に負けたアルペン・チェア軍団/クロスカントリー・ミックスリレー

月15日・ソチパラリンピック競技大会8日目。アルペンスキー男子は最後の種目ジャイアントスラローム(以下GSと表記)が行なわれた。日本人選手の得意な種目で、全員が出場した。世界最強を証明したかった座位は、森井大輝が7位、鈴 […]

ジャパンシッティングチームの強さの秘密!(4回目)〜鈴木選手の美しさ〜

鈴木選手の優位性。彼の感覚はおそらく世界一ではないでしょうか。 幼少の頃から親しんできたチェアスキーは、すでに彼の体の一部になっていると言ってもいいでしょう。彼の成長に伴い磨き上げられてきたスキー技術。そしてそれらを身に […]

回転(男子)シッティングクラスメダルセレモニー後、福島から駆けつけた母弘子と3大会越しの金メダルをねぎらう(写真:比嘉優樹)

Day7 鈴木猛史「最も厳しい大会」だが勝ち抜く!/バイアスロン・ロング、久保恒造6位、出来島桃子7位

3月14・大会7日目。ローザフートルの集落内にあるメダルセレモニー会場で、13日にスラロームで金メダルを獲得した鈴木猛史のメダルセレモニーが行なわれた。表彰後の舞台裏で行なわれた記者会見で、「このレースは、今までのなかで […]

回転(男子)シッティングクラスメダルセレモニー(写真:比嘉優樹)

【フォトギャラリー】鈴木猛史、SL(回転)メダルセレモニー

ソチパラリンピックの会場からお届けするフォトギャラリー『3/14 鈴木猛史、SL(回転)メダルセレモニー』by 比嘉 優樹

ジャパンシッティングチームの強さの秘密(3回目)〜森井選手の強さ〜

滑走ラインのシビアさでいえば、森井選手の右に出るライバルはいません。 例えば高速系レース。緩斜面から急斜面へ飛び込む際、当然、次のゲートは見えません。 見えないところへ飛び込んでいくため、どうしても安全なマージンを取りが […]

ジャパンシッティングチームの強さの秘密(2回目)〜狩野選手の速さ〜

今回のソチパラリンピック、メダルを獲得した3選手(狩野亮、森井大輝、鈴木猛史)のスキーテクニックは群を抜いています。 3選手それぞれの速さの秘密を見ていきましょう。 まずは狩野選手。得意とするのは高速ターンと言われており […]