コロナ禍でIPCから国内へ転職した28歳。篠原果歩、東京パラ後の未来へ夢を描く

 9月5日、コロナ禍の賛否の中で開催された東京2020パラリンピックが閉幕した。東京のビル、都会のジャングルで「調和する不協和音」をコンセプトに、多様性を象徴するカラフルな衣装をまとった多様な障害を持つ人々の演舞により彩られ、描かれた閉会式が幕を閉じた。
 「ダイバーシティ&インクルージョン」への一貫した想いが、聖火となって灯され、13日間、162の国と地域、および国を追われた人々など4400人の障害のある選手たちを照らした。異なる環境から集まり、無観客の東京で競い合った。

9月5日、カラフルに彩られたパラリンピックの閉会式が国立競技場で開催された 写真・中村 Manto 真人

 選手とともに大会関係者もまた役割を終えた。しかし、パラリンピックの真の役割はこれからが本番である。その未来への渦中のひとりとして期待される若者・篠原果歩(しのはらかほ/28歳)がいる。東京パラリンピックへは主催者であるIPC(国際パラリンピック委員会)のコンサルタントとして参加した。
 筆者は、2017年、大学院生だった篠原に出会い行動力あるシャープな視点で活動する彼女が、これから東京大会を通じてどんな経験や成長をするのか注目した。互いに無観客の大会になるとは想像だにしていなかったが、ここに再会し、篠原ならではの世界がさらに広がっているのを知ることができた。

1人でIPCへ

 篠原は、大学院卒業後、パラリンピックムーブメントの本拠地であるアギトス財団(本部ボン/ドイツ)へインターンとして乗り込み、2018年に日本人フルタイム職員として初めて就職した。

インターン時代にドバイで行われた、2017年アジアユースパラゲームズ。Proud Paralympian のボランティア・メンバーたちと。後列一番右が篠原 筆者撮影

 「私がインターンを希望した頃、まさに次は東京だっていう時でしたが、日本からオリンピックのインターンを希望する人はいたけど、パラリンピック何それ? っていう感じでした」と、当時の篠原は話していた。

 オリパラ自国開催を前にスポーツへの関心、オリンピック関連の職業への憧れが高まる時期であっても、障害者のスポーツはまだまだ日本の若い学生にとって人気がなかった。

東京パラ閉幕 | パラリンピック教育プログラムに携わる | 子どもたちを引率して | 印象にのこる、期待する選手 | ムーブメントの継続 | 未来へ、社会へ。伝えたいこと

1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする