Archives

男子1500m T11決勝。4:07.02で優勝したブラジルのジュリオ・セザール・アグリピーノ(AGRIPINO dos SANTOS Julio Cesar) 写真・小川和行

ブラジルが強い!男子1500m T11で優勝。和田伸也4位で東京パラ枠1内定。ドバイ2019パラ陸上・DAY2

11月8日・競技2日目。イスラムでは祝日となる金曜日。連日32度を超える暑さも夜の競技が始まる頃にはちょうど良いと言えるくらいになる。 男子100m T54(車いす)決勝で、レオ=ペッカ・タハティ(TAHTI Leo P […]

11月7日、男子1500m T12/13で、強豪ロシア勢や前回チャンピオンを制して優勝、自身の記録を塗り替えるワールドレコードを樹立した、ジャリド・クリフォード(CLIFFORD Jaryd/T12・AUS)。競技を終えた笑顔 写真・吉田直人

オーストラリア20歳が世界新!目指すは東京で金。ドバイ2019パラ陸上世界選手権

20歳がドバイで世界新記録を樹立した。7日に開幕した「世界パラ陸上競技選手権2019」で、男子1500m T12のジャリド・クリフォード(CLIFFORD Jaryd/T12・オーストラリア)が初優勝。レコード樹立と頂点 […]

女子400mT13で決勝進出した佐々木真菜(東邦銀行)は58秒38で4位、東京パラリンピック出場枠を得た 写真・吉田直人

佐々木真菜4位・東京パラ出場内定。パラ陸上世界選手権がドバイで開幕!

東京2020パラリンピック開催前最大の陸上競技大会「世界パラ陸上競技選手権2019」が7日、ドバイ(アラブ首長国連邦)で開幕した。初日、女子400mT13(弱視)で、佐々木真菜(東邦銀行)が4位入賞を果たし、東京パラリン […]

ジャパンパラのミックスゾーンで報道陣の取材に応えるマルクス・レーム(ドイツ) 筆者撮影

走幅跳のスター、マルクス・レームが今年も8m超えジャンプ!ジャパンパラで観客を魅了

世界が誇るジャンパーが、今年も観客を沸かせた。「2019ジャパンパラ陸上競技大会」の2日目が21日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、走幅跳のマルクス・レームが8mを超える驚異のジャンプを見せた。 大会2日目は […]

100m(T64)のスタート。5レーンを走る井谷俊介(SMBC日興証券)は6レーン佐藤圭太(トヨタ自動車)の大会記録を更新しその地位を塗り替えた 写真・比嘉優樹

世界選手権、そして2020東京へ真剣勝負。ジャパンパラ陸上競技大会が長良川で開幕

7月19日(金)長良川競技場(岐阜県)で、日本最高峰のパラ陸上大会となる2019ジャパンパラ陸上競技大会が開幕した。昨年にひきつづき、走り幅跳びで健常者と世界記録を競い合うドイツのマルクス・レーム、同じく走り幅跳びと10 […]

村岡桃佳、井谷俊介のスピーディな成長!東京へのチャンスに全力で!〜パラ陸上関東選手権大会〜

村岡桃佳、井谷俊介のスピーディな成長!東京へのチャンスに全力で!〜パラ陸上関東選手権大会〜

7月6日(土)、7(日)の2日間、町田市陸上競技場(東京都)でパラ陸上関東選手権大会が開催された。天候も悪く、時期的に2週間後のジャパンパラもあり欠場する選手も多かったが、アジア新記録5、日本新記録13が更新された。 ま […]